SRには新車で乗ってほしい。その理由は【中編】でお伝えしたとおり。そして、そのバイクを感じるためにはツーリングがいちばんです。SRっていうバイクは旅の中で、その価値をもっとも感じさせてくれますから。

SR400って、実はツーリングが楽しいバイク

画像1: SR400って、実はツーリングが楽しいバイク

SRの良さを感じるにはツーリングが最高!っていう理由。

それって何だと思います?

ボクとしての理由は『環境が静かだから』です。

もちろん!SRは街乗りも楽しいです。

画像2: SR400って、実はツーリングが楽しいバイク

お気に入りのファッションに身を包んで、街を颯爽と流すのだってサマになる。

SRは重量も175kgで軽いし、街の中でキックでエンジンを掛けてる姿を見かけると『やっぱSRかっこいいな!』って思っちゃうし。

街乗りだって楽しい。

画像3: SR400って、実はツーリングが楽しいバイク

だけど!

ツーリングで『何もないところ』へ出かけると、SRって存在感がすごく際立って感じられるんですよ。

街の喧騒が無い自然の中で、SRのマフラーサウンドがより鮮明に耳に届く心地よさ。

進むべき道しかない山の中でエンジンの鼓動だけを感じる時間。

そこに加えての、旅ならではの空気感。

ツーリングで感じる『バイクに乗ってて幸せだなぁ』と感じるシチュエーションで、そこに『SRを選んで幸せだなぁ』が上乗せされると思ってください。

画像4: SR400って、実はツーリングが楽しいバイク

SRと一緒に。

二人三脚というか、一緒に走っている感覚の中ではSRと一心同体の気分です。

バイクに乗せられているとか、バイクを乗りこなすとか、そういう感覚すら無くなっちゃう(笑)

SRと自分だけの世界。

これが、本当に至福のひとときです。

こういうシチュエーションを味わうと、誰もが『SR最高!』ってなると思う。

高速道路はSR400の『弱点』か?

画像1: 高速道路はSR400の『弱点』か?

でもSRって高速道路とかツラくない?ってよく聞かれます。

これの答えは『ぜんぜんキツくない』です。

ウインドスクリーンなんて無いから、走行風はもちろん直撃。

高回転まで回すと振動も大きい。

その通り!

だけど、SRに乗っている人ならこう答えるはず。

『別にトバさないから大丈夫だよ』って。

画像2: 高速道路はSR400の『弱点』か?

これはまったくの事実です。

SR400は高速でも時速100キロで走りたいって思わない。

ごく自然に、何のストレスも感じないまま時速80キロとか90キロで左車線を走っちゃう。

しかも恐ろしいことにその時『遅い』って思ってない。

もしSR400で高速道路の時速120km試験運用区間を走っても、スピードを出したいと思わないでしょうね。

むしろ時速120キロも出したら、それはもう直線を攻めているような感覚になりそうです(笑)

画像3: 高速道路はSR400の『弱点』か?

高速道路だってのんびり、無理せずマイペース。

時速100キロ以下の走行風なんて、それほどでもないから別に疲れません。

そして前編でお伝えした時間の感覚から切り離されるSRは、粛々と、いつの間にか目的地までたどり着くんです。

快適性のモノサシが通常のバイクとちょっと違う。

これもSRならではの感覚だと思われます(笑)

無欲になる『SR400』の境地

画像1: 無欲になる『SR400』の境地

SRで旅をしていると、なんというか欲が無くなる気がします。

新しいバイクに乗り換えたいとか、スピードを出したいとか、そういう気持ちが薄くなる。

SRでいい。この先もずっとSRがいいや。

そういう感覚になってくるんです。

(下に続きます)

画像2: 無欲になる『SR400』の境地

街乗りも、ワインディングも、ツーリングも。

このバイクに乗ると、すべてのシチュエーションは『SR色』に染まります。

意識しないままに、どんどんSRっていうバイクが好きになる。

画像3: 無欲になる『SR400』の境地

そうしてある時、気が付くんです。

『あ……オレもうSR以外、目に入ってないかも』って。

おそるべしSR400。

そういう、バイク乗りの弱い部分を突く魅惑の手練手管によって(笑)1978年から今日まで40年以上も!

数々のライダーたちを虜にして……今もなお、とことん愛され続けているんです。

もう、SRしか愛せない!

ってね(笑)

まだでしたら【前編】もお楽しみください!

SR400の燃費や足つき性、詳細の解説はこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.