ソニーは動画シーン・ニーズに応えるVLOG(動画)のために新たなカテゴリーのカメラ「VLOGCAM ZV-1」を2020年6月19日に発売する。
画像: VLOGCAM ZV-1

VLOGCAM ZV-1

このVLOGCAM ZV-1はスマートフォンやSNS、動画投稿サイトの普及により、日常や自分を広く発信する動画の投稿が増えているなか、Vlogger(ブイロガー)を含む幅広いクリエイターの映像制作活動を支援するものという。
小さなボディからかんたん撮影、持ち運びやすい、高画質、高音質、手ぶれ補正を搭載した動画撮影に重点をおいたカメラで、商品レビュー用設定でカメラ知識がなくてもワンプッシュでかんたんに素早いフォーカス移動を可能にする機能をはじめ、背景ぼけをボタンを押すだけで切り換えが可能。またファストハイブリッドAFシステム、リアルタイム瞳AF、リアルタイムトラッキングを搭載し、AFミスによるピンボケ映像の失敗を防ぐ。

撮像素子には有効約2010万画素のメモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RSを搭載し、ダイナミックレンジが広く、解像感が高い画質を実現している。さらに、大口径で明るいZEISS Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8の組み合わせにより、浅い被写界深度を生かした背景ぼけを生かし主役を引き立てた撮影を楽しめる。

動画および静止画撮影で、肌の色合いが健康的で自然な印象になるようVlogに合わせた画質設計を採用している。ナチュラルスキントーン、顔優先AE、美肌効果を搭載し、最適化された明るさと色で主役を映えさせる。
録音機能ではウインドノイズ低減機構を採用し、ウインドノイズを大幅に低減している。
手ブレ補正機能はアクティブモードで光学式と電子式を組み合わせたハイブリッド式。歩き撮りに最適化された補正アルゴリズムで、動画撮影時の手ブレ補正を向上させ安定した映像を実現。液晶モニターはバリアングル式で自撮りにも最適。さらにモバイルバッテリーからの給電にも対応している。

画像: しっかりとしたホールドが可能なグリップを装備する。正面のLEDランプにより録画状態を確認できる

しっかりとしたホールドが可能なグリップを装備する。正面のLEDランプにより録画状態を確認できる

画像: ボディ上面には大型のRECボタンを配置する。またマルチインターフェースシューを採用しているので別売のステレオマイクロホンECM-XYST1Mなどを装着することも可能

ボディ上面には大型のRECボタンを配置する。またマルチインターフェースシューを採用しているので別売のステレオマイクロホンECM-XYST1Mなどを装着することも可能

画像: 液晶モニターは3.0型タッチパネル式で明るさ調節機能を持つ

液晶モニターは3.0型タッチパネル式で明るさ調節機能を持つ

画像: 自撮りも可能なバリアングルモニターを採用。付属のウインドスクリーンを装着

自撮りも可能なバリアングルモニターを採用。付属のウインドスクリーンを装着

VLOGCAM ZV-1

■センサー:1.0型CMOS(ExmorRS)
■有効画素数:約2010万画素
■レンズ:24-70mmF1.8-2.8(35mm判相当)
■手ブレ補正:光学式手ブレ補正搭載
■AF:コントラスト&位相差
■瞳AF:人物[右/左瞳選択]/動物(静止画)、人物[右/左瞳選択](動画)
■動画:4K:30p/24p、FHD:120p/60p/30p/24p
■モニター:3.0型バリアングル式(122.9万ドット)
■記録メディア:SDXC/SDHCメモリーカード
■Wi-Fi:対応(IEEE802.11b/g/n、2.4GHz帯)
■Bluetooth:対応(標準規格Ver. 4.1、2.4GHz帯)
■ウィンドスクリーン:付属
■大きさ:105.4×60×44mm
■重さ:294g
■価格:オープン(実売9万1000円前後、シューティンググリップキット10万4000円前後・税別)
■発売日:2020年6月19日

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.