リコー、リコーイメージングは、Kマウントデジタル一眼カメラ用で最も高い描写性能を追求した新世代の「 ★(スター)」レンズシリーズの単焦点第2弾となる大口径中望遠レンズ「HD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AW」を2020年6月26日に発売する。価格は28万円(税別)。

このHD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AWレンズは、今後さらなる高画質、高性能化が予想されるデジタル一眼レフカメラに使用しても、十分満足できる性能を発揮するレンズとなるように規格を大幅に見直した新世代の「★(スター)」レンズの単焦点第2弾となる大口径中望遠レンズ。イメージセンサーや画像処理に頼らない、レンズの力を感じることができる製品として最高の画質を追求し、撮影者は光学ファインダーを覗いた瞬間から上質なファインダー像で被写体をリアルタイムで詳細に確認し、撮影を楽しむことができるという。

画像: HD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AW

HD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AW

レンズ構成は10群12枚で光学系に高い色収差低減効果が得られる高性能スーパーEDガラスを3枚採用している。ガラスモールド非球面レンズ1枚の採用により球面収差やコマ収差、像面湾曲も良好に補正し、中心から周辺部まで絞り開放からクリアでコントラストの高い、優れた描写性能を実現している。被写体距離約4mで歪曲収差をほぼ0%を実現し、無限遠から最短撮影距離まで全域で歪みの少ない、すっきりとした描写が得られるという。また、可視光域における平均反射率を従来比で約50%以下に抑えた高性能マルチコーティング“HDコーティング”を採用し、逆光など光線状態の厳しい撮影条件下でのゴーストやフレアーの発生を効果的に抑えている。

画像: 新世代の高性能スターレンズの第2弾
HD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AWを新発売

近距離から無限遠までの全域で高画質が得られるよう、枚数が多く重い後側のレンズ群ごと移動するフォーカス駆動方式に対応するため、新たに専用のリング型超音波モーターを採用したSDMを開発し、搭載している。従来よりも大型で「HD PENTAX-D FA★ 50mmF1.4 SDM AW」の約1.3倍の高いトルクが得られ、高速かつ滑らかなオートフォーカスが可能。
また防塵・防滴構造のAW All Weatherタイプとして、全体の8カ所にシーリングを施し、防塵・防滴構造を採用したデジタル一眼ボディとの組み合わせで、雨天や霧の中、水しぶきのかかる場所などでの耐久性、信頼性の向上を実現している。

画像: 付属のレンズフードPH-RBG82を装着したFA★85mmF1.4ED SDM AW

付属のレンズフードPH-RBG82を装着したFA★85mmF1.4ED SDM AW

HD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AW

■焦点距離:85mm(APS-Cサイズ一眼レフカメラ装着時:130mm相当)
■最小絞り:F16
■レンズ構成:10群12枚
■画角(対角):28.5°(APS-Cサイズ一眼レフカメラ装着時:19°)
■マウント:KAF4
■最短撮影距離:85cm
■最大撮影倍率:0.12倍
■フィルター径:82mm
■絞り羽根枚数:9枚(円形絞り:F1.4-F2.8 )
■絞りリング:なし
■三脚座:なし
■大きさ:φ95×123.5mm
■重さ:約1255g (フード付:約1355g)
■価格:28万円(税別)
■発売日:2020年6月26日

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.