2020年5月26日、フォルクスワーゲングループジャパンはSUVのティグアンに特別仕様車「ティグアン Rライン ディナウディオ(Tiguan R-Line DYNAUDIO)」と「ティグアン Rライン ブラックスタイル(Tiguan R-Line Black Style)」のふたつ、合計4グレードを設定して発売した。車両価格は506万円〜592万9000円となる。

総出力400W、16チャンネル/10スピーカーのオーディオシステム搭載

フォルクスワーゲン ティグアンの現行モデルは2017年1月にデビューした2代目で、約4.5mの全長と1.8mを超える全幅、さらに直線基調のボディデザインにより広い居住空間・ラゲッジスペースを確保した同社らしい質実剛健なSUVである。また、いまでこそ全長約4.1mとコンパクトなTクロスもラインアップしているが、4WDやディーゼルエンジン仕様を選択できるSUVはティグアンだけである。

このティグアンに特別仕様車「ティグアン Rライン ディナウディオ」と「ティグアン Rライン ブラックスタイル」が追加、発売された。

前者のグレード名にある「ディナウディオ(DYNAUDIO)」とは北欧デンマークの音響機器メーカーのことで、スピーカーの開発から生産までデンマークの自社工場で一貫して行うことにより高品質を保ち、現在ではハイエンドオーディオ企業のひとつとして知られている。

このディナウディオ社とフォルクスワーゲンが共同開発した、総出力400W/16チャンネル/10スピーカーによるプレミアムサウンドシステムがティグアンに搭載され、ドルビープロロジックIIに対応する臨場感あるサウンド空間を実現しているという。音響システムに加え、ダンパーの減衰力や電動パワーステアリングの特性をコントロールDCC(アダプティブシャシーコントロール)パッケージやレザーシートパッケージを特別装備している。

画像: ディナウディオとの共同開発されたプレミアムオーディオシステムを特別装備する。8つのラウドスピーカーに加え、サブウーファーとセンタースピーカーを搭載。

ディナウディオとの共同開発されたプレミアムオーディオシステムを特別装備する。8つのラウドスピーカーに加え、サブウーファーとセンタースピーカーを搭載。

ガソリン仕様の1.4L 直4ターボ(150ps/250Nm)を搭載したFFモデルをベースにしたティグアンTSI Rライン ディナウディオで544万9000円。ディーゼル仕様の2L直4ターボ(150ps/350Nm)を搭載した4WDモデルをベースにしたティグアンTDI 4モーション Rライン ディナウディオで592万9000円となる。

もうひとつの特別仕様車「Rライン ブラックスタイル」も上記と同じグレードをベースにした2台だ。フロントグリルやドアミラーカバー、リアスポイラー、などといったエクステリアのクロームパーツや19インチアルミホイールなどをブラック塗装され、力強さとクールな印象を強めたモデルとなっている。車両価格は、ガソリン仕様のティグアンTSI Rライン ブラックスタイルで506万円。ディーゼル仕様のティグアンTDI 4モーション Rライン ブラックスタイルで554万円となっている。

画像: ティグアンに追加されたもうひとつの特別仕様車「Rライン ブラックスタイル」。ホイールやウインドゥモールをはじめ、ブラックパーツをいくつも採用されている。

ティグアンに追加されたもうひとつの特別仕様車「Rライン ブラックスタイル」。ホイールやウインドゥモールをはじめ、ブラックパーツをいくつも採用されている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.