1983年にオーストリアで突然変異のように誕生した、あまりにも”異常“かつ、あまりにも”危険”な映画『アングスト/不安』が37年の時を経て、2020年7月3日(金)より日本劇場初公開。このたびその予告編が完成した。
画像: 映画『アングスト/不安』予告編 youtu.be

映画『アングスト/不安』予告編

youtu.be
画像1: 鑑賞注意の"本物の異常映画"『アングスト/不安』予告編が完成
画像2: 鑑賞注意の"本物の異常映画"『アングスト/不安』予告編が完成

「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」

本作は、1980年に同国で実際に起きた殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー映画。

刑務所出所後の殺人鬼=狂人が感じる不安やプレッシャーによる異様な行動と心理状態を凶暴かつ冷酷非情なタッチと斬新なカメラワークを用いて表現。狂人自身のモノローグで綴る構造や全編に徹底された陰鬱なトーンなど、作品自体が”異常“とされ、他に類を見ない芸術性を発揮した衝撃的作品だ。

しかし、83年公開当時はそのショッキングすぎる凄まじい内容により本国オーストリアでは1週間で上映打ち切り、他ヨーロッパでも上映禁止、イギリスとドイツではビデオの発売も禁止。アメリカではXXX指定を受けて配給会社が逃げたという。

日本でも劇場公開されず『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』というタイトルで1988年にレンタル用VHSが発売されたが、世の中に出回った数は極少、ほぼ誰にも観られることなく地下に埋もれ、以降観たくても観れない作品となり現在に至る。

このたび解禁となった予告編は、イタリアの詩人ダンテによる長編叙事詩「神曲 地獄篇」より、「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」という一節が冒頭に映し出される場面から始まる。

これは、ジェラルド・カーグル監督の要望により今回日本版の予告のみに入れたもの。この門をくぐる者=この映画を観る者への警告ととれる言葉だ。

そして、次に映し出されるのは『U・ボート』(81)、『アンダーワールド』(03)の俳優アーウィン・レダー扮する主人公K.。シャツにジャケットを合わせた一見普通の青年風だが、瞬きひとつせずそわそわした様子である屋敷を訪ね、出てきた老婆を何の迷いもなく撃ち、刑務所へ収監。何やら危険な幻想を抱きつつ出所の日を迎える……。

その後、狂人が世に放たれてしまったことにより取り返しのつかない惨劇が起こる様子が疾走感溢れるタッチで切り取られている。元タンジェリン・ドリーム、アシュ・ラ・テンペルの作曲家クラウス・シュルツによる冷たく脈打つようなエレクトロサウンドと、アカデミー賞最優秀短編アニメ賞を獲得した『タンゴ』(81)やジョン・レノン、ミック・ジャガーらのMVで知られる世界的な映像作家ズビグニェフ・リプチンスキによる独特のカメラワークが予告からも感じられ、K.の不安な様子を観る者も一緒に感じるような予告編となっている。

本作は鑑賞にあたって以下のような警告文も出されている。この予告編をしっかりチェックしてから鑑賞するかどうかを判断した方がいいかもしれない。

※本作は、1980年にオーストリアで実際に起こった事件を描いております。当時の司法制度では裁ききれなかった為に発生した事象であり、本映画をきっかけとして以降大きく制度が変わりました。劇中、倫理的に許容しがたい設定、描写が含まれておりますが、すべて事実に基づいたものであります。本作は娯楽を趣旨としたホラー映画ではありません。特殊な撮影手法と奇抜な演出は観る者に取り返しのつかない心的外傷をおよぼす危険性があるため、この手の作品を好まない方、心臓の弱い方はご遠慮下さいますようお願い致します。またご鑑賞の際には自己責任において覚悟して劇場にご来場下さい。

アングスト/不安
2020年7月3日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開
配給:アンプラグド
©1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.