「Stay home」の時は、じっくりと自宅で撮影に専念してみませんか? 各ジャンルのエキスパート写真家が、その撮影ノウハウをアドバイスしてくれました。「ペット編」は杉本奈々重さんです。

ポイント「ボケ感をうまく使う」

前後のボケ感や、背景のボケをうまく使うことによって、生活感を消すことが出来ます。背景に無駄なものを写し込まないことで洗練された雰囲気になります。

画像: ▲犬がおもちゃで遊んでいるところを、リビングに寝そべって撮影。犬の高さに目線を合わせることによって臨場感のある、良い表情を捉えられた。犬が動いているシーンは「動物瞳AF」が活躍する。遊んでいるときはリラックスしているので、”おうちフォト”ならではの写真が撮れる。一瞬ごとに変化する可愛い表情を捉えるのに何回もシャッターを押した。 ■ニコン Z 7 NIKKOR Z 24-70mm F4 S 焦点距離70mm 絞りF5 1/60秒 ISO1250

▲犬がおもちゃで遊んでいるところを、リビングに寝そべって撮影。犬の高さに目線を合わせることによって臨場感のある、良い表情を捉えられた。犬が動いているシーンは「動物瞳AF」が活躍する。遊んでいるときはリラックスしているので、”おうちフォト”ならではの写真が撮れる。一瞬ごとに変化する可愛い表情を捉えるのに何回もシャッターを押した。
■ニコン Z 7 NIKKOR Z 24-70mm F4 S 焦点距離70mm 絞りF5 1/60秒 ISO1250

ポイント「表情を撮る」

目線を外した写真や、顔のアップなども積極的に撮影してみましょう。お座りやマテを伝えずに、リラックスした表情や仕草にフォーカスすると”その子らしさ”を映し出せます。

画像: ▲黒い犬を撮影するのにオススメなのが、しっかりと目にキャッチライトを入れることが大切。光を意識し、毛並みや瞳の輝きを写し取ることによって、生き生きとした写真になる。この一枚は、あえて黒いソファーの上で黒い犬を撮影。瞳に光を入れることで、表情がはっきりとして真っ直ぐでピュアな目線を撮影することが出来た。 ■ニコン D850 50mm F1.8 絞りF2.8 1/80秒 ISO800

▲黒い犬を撮影するのにオススメなのが、しっかりと目にキャッチライトを入れることが大切。光を意識し、毛並みや瞳の輝きを写し取ることによって、生き生きとした写真になる。この一枚は、あえて黒いソファーの上で黒い犬を撮影。瞳に光を入れることで、表情がはっきりとして真っ直ぐでピュアな目線を撮影することが出来た。
■ニコン D850 50mm F1.8 絞りF2.8 1/80秒 ISO800

ポイント「コミュニケーションを大切に」

一番大切なのは、ペットとのコミュニケーション。優しく話しかけながら小物や機材に慣らすことも大切です。おもちゃやトリーツを使い楽しく撮影することでペットがカメラを好きになってくれます。撮影する側も、撮影されるペットも楽しい時間になるよう工夫しましょう!

画像: ■ニコン Z 7 NIKKOR Z 24-70mm F4 S 焦点距離70mm 絞りF5   1/50秒 ISO1250

■ニコン Z 7 NIKKOR Z 24-70mm F4 S 焦点距離70mm 絞りF5 1/50秒 ISO1250

私自身、日頃から出張の多いフォトグラファーですが、最近は愛犬とのコミュニケーションを取る時間が増えて自宅で「我が子」との貴重な時間を過ごしています。毎日一緒にいると様々な表情が見えてきて、喜怒哀楽も以前より分かるようになってきた気がします。

ペットは飼い主のことを良くみているなあ、と実感する今日この頃です。かけがえのない家族との、貴重な時間。是非、たくさんの可愛い写真を撮って、ホッコリと癒しの時間を過ごしましょう!

撮影・解説:杉本奈々重

画像: 写真家 熊切大輔に師事し、2001年より写真家としてフリーランスの活動を開始。コマーシャルフォトを中心に雑誌や企業の季刊誌の撮影なども行う。ペットの写真を得意とし近年、犬と人とのつながりをテーマにした写真を多く撮影。2010年より始動したDogs Photo【Atelier Petillant】では「ファッションポートレイトのような美しくセンスあるペットの写真をより身近に」をテーマに撮影。撮影会やオーダーメイドのロケーションフォトを通じて作品を撮り続けている。全国各地でイベントや講演会、写真教室なども開催中。日本写真家協会正会員

写真家 熊切大輔に師事し、2001年より写真家としてフリーランスの活動を開始。コマーシャルフォトを中心に雑誌や企業の季刊誌の撮影なども行う。ペットの写真を得意とし近年、犬と人とのつながりをテーマにした写真を多く撮影。2010年より始動したDogs Photo【Atelier Petillant】では「ファッションポートレイトのような美しくセンスあるペットの写真をより身近に」をテーマに撮影。撮影会やオーダーメイドのロケーションフォトを通じて作品を撮り続けている。全国各地でイベントや講演会、写真教室なども開催中。日本写真家協会正会員

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.