2020年5月21日、FCAジャパンからジープ ラングラーの限定車「ラングラー アンリミテッド サハラ 2.0L スカイワンタッチパワートップ」が登場した。限定台数は300台で6月6日から全国のジープ正規ディーラーで販売が開始される。

どこでも自由に行ける、すぐにオープンにできる

今回登場した限定車「ラングラー アンリミテッド サハラ 2.0L スカイワンタッチパワートップ」は、電動開閉式ルーフを採用したのが大きな特徴。

このルーフはボタン操作ひとつで開閉できるのがポイントで、開閉に要する時間は約20秒と短く、しかも時速約96km以下であれば走行中でも操作可能なため、必要に応じてすぐにオープンにできる。このルーフはサンルーフのように頭上だけを開くといった使い方もできる。

また、後方側面のリアクォーターウィンドウは脱着式で、取り外したウィンドウはリアシート背面に収納できる。リアクォーターウィンドウを取り外せば、大きな開放感が得られる。

ベースとなったモデルはアンリミテッド・サハラ2.0L(最高出力272ps、最大トルク400Nmの2L直4ターボエンジン搭載)で、LEDヘッドライトやナビゲーションシステム(Uコネクト)、ヒーテッドステアリングホイール、レザーシートといった快適装備やブラインドスポットモニターなど安全運転をサポートシステムも充実している。

ボディカラーは、サージグリーン(限定150台)、パンプキンメタリック(限定100台)と、ブラック(限定50台)の3色。車両価格は620万円(税込)。

画像: 時速96kmの速度で走行中でも、ボタンを押すだけで約20秒で開閉可能なスカイワンタッチパワートップ。リアクォーターウインドウを取り外せば、より一層の開放感が味わえる。

時速96kmの速度で走行中でも、ボタンを押すだけで約20秒で開閉可能なスカイワンタッチパワートップ。リアクォーターウインドウを取り外せば、より一層の開放感が味わえる。

ラングラー アンリミテッド サハラ 2.0L スカイワンタッチパワートップ 主要諸元

●全長×全幅×全高:4870×1895×1845mm
●ホイールベース:3010mm
●エンジン:直4DOHCターボ
●排気量:1995cc
●最高出力:272ps/5250rpm
●最大トルク:400Nm/3000rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●車両価格:620万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.