クルマ好きなら一度は憧れたことがあるだろうスーパーカー。その黎明期から現代までをたどる連載企画。第90回は「メルセデスAMG GT」だ。

メルセデスAMG GT(2014年-)

画像: ロングノーズ/ショートデッキの全長は4.5mあまりと比較的コンパクト。ミッションはリアアクスル側に搭載するトランスアクスル方式を採用。

ロングノーズ/ショートデッキの全長は4.5mあまりと比較的コンパクト。ミッションはリアアクスル側に搭載するトランスアクスル方式を採用。

メルセデス・ベンツのファンなら誰もが知っているAMGの由来に関しては、以前に今企画でSLS AMGを紹介したときに説明したが、AMGがメルセデス・ベンツのサブブランド「メルセデスAMG」となったのとほぼ同時期に、メルセデスAMG GT(以下、AMG GT)は登場した。

前述のSLS AMGの後継車にあたるAMG GTがワールドプレミアされたのは、2014年のパリ モーターショー。AMGを象徴する存在だけに、硬派なスポーツカーとして仕立てられている。サイズ的には先代モデルにあたるSLS AMGと大差ない(AMG GTのほうが少し全長が短く、少し全高が高い)が、ドアの開閉はガルウイング式ではなく普通のスイング式となった。車格的にはSLS AMGより少し下に位置する。

ロングノーズ/ショートデッキのファストバック スタイルは、いかにもFRのスポーツクーペらしいものだが、リアにはハッチゲートを備えて使い勝手を高めている。見た目は多少クラシカルだが、中身は新世代のもの。SLS AMGから踏襲されたアルミニウム製のスペースフレームは、わずか231kgという軽量ながら高い強度を実現している。

長いエンジンルームの奥にフロントミッドシップ搭載されたパワーユニットは、ドライサンプ化された4L(正確には3982cc)のV型8気筒DOHCツインターボ。しかもVバンクの内側に排気系とターボを装着する「インサイドホット」方式を採用。デビュー時の上級グレードであるGT Sでは、最高出力が510ps、最大トルクが650Nmというパワースペックを発生していた。公称の最高速度は310km/h、0→100km/h加速は3.8秒。ミッションは7速DCTでトランスアクスル方式を採用し、前後重量配分も47:53を実現していた。

画像: V8ツインターボのエンジン本体は、黒いカバーの奥にフロントミッドシップ搭載。最高速度は310km/h、0→100km/h加速は3.8秒と謳われている。

V8ツインターボのエンジン本体は、黒いカバーの奥にフロントミッドシップ搭載。最高速度は310km/h、0→100km/h加速は3.8秒と謳われている。

インテリアではV8エンジンをモチーフにした大きなセンターコンソールが特徴的で、航空機のコクピットのような佇まいを見せる。2眼式メーターの中央にインフォメーションディスプレイを備え、メルセデス車らしくインターフェースの視認性や操作性は高かった。

日本では2015年から発売が開始され、2017年には585psを発生するハイパフォーマンスモデルのGT Rやオープンモデルのロードスターが設定された。さらに2018年モデルからは、パナメリカーナグリルを採用して顔つきを一新。2019年にはマイナーチェンジされ、4ドアクーペも追加設定されるなど、AMG GTは今もなお進化を続けている。

また、日本のスーパーGTをはじめ、世界各地のレースでGT3やGT4仕様車が活躍し、F1グランプリやドイツ ツーリングカー選手権ではセーフティカーとして採用されるなど、モータースポーツの世界でもAMG GTは注目を浴び続けている。

画像: リアハッチゲートの下は350Lのラゲッジスペース。リアエンドのスポイラーは120km/h以上でアップ、80km/h以下でダウンする。

リアハッチゲートの下は350Lのラゲッジスペース。リアエンドのスポイラーは120km/h以上でアップ、80km/h以下でダウンする。

メルセデスAMG GT S 主要諸元

●全長×全幅×全高:4550×1940×1290mm
●ホイールベース:2630mm
●車両重量:1660kg
●エンジン種類:90度V8 DOHCツインターボ
●排気量:3982cc
●最高出力:510ps/6250rpm
●最大トルク:650Nm/1750-4750rpm
●駆動方式:トランスアクスル式FR
●トランスミッション:7速DCT
●タイヤサイズ:前265/35ZR19、後295/30ZR20
●当時の価格:1840万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.