2020年5月21日、メルセデス・ベンツ日本はラージサイズのミニバンであるVクラスに、ポップアップルーフを備えた「V220d マルコポーロ ホライゾン(Mercedes-Benz V220d Marco Polo HORIZON)」を追加。938万円で発売を開始した。

最大5人分の就寝スペースを車内に確保するVクラス

ドイツプレミアムブランド一角であるメルセデス・ベンツがラインアップするワンボックスタイプのミニバン Vクラスは、1998年に初登場して以来日本でも代々が販売されてきた。現行モデルは2015年にフルモデルチェンジした3代目にあたり、2019年10月にフェイスリフトをともなうマイナーチェンジを施され、アクティブブレーキアシストやアダプティブハイビームアシストプラスの標準装備化などにより安全性能を高めてきた。

ひとことでVクラスといっても、ボディの長さによって3つのラインアップに分けられ、全長4895mmの標準ボディと5140mmのロング(いずれもホイールベースは3200mm)、そしてホイールベースを230mm延伸させた全長5370mmのエクストラロング(受注生産)となっている。いずれも低速域から大トルクを発生するディーゼルエンジン、2.2L 直4 DOHCターボ(163ps/380Nm)と7速ATを組み合わせて搭載することで、車両重量2320kg〜2470kgの重量級ボディを力強く引っ張る。

このVクラスに2020年5月21日、ポップアップルーフやフルフラット機能付ベンチシートなどを備えたレジャービークル「V220d マルコポーロ ホライゾン」がカタログモデルとして追加された。ベースとなるのはロングボディで、全長5150mm×全幅1930mm×全高1960mmというラージサイズゆえのくつろぎの広い車内スペースを確保する。

このルーフには、ふたり分の就寝スペースとしてベッドを備えるポップアップルーフを搭載し、フルフラット機能をもつ3列目シートも合わせることで、合計5人分の就寝スペースを作り出することができる。このポップアップルーフは就寝スペースとしてだけでなく、簡易的な更衣室としても利用できるほどの室内高を実現しているという。

画像: ポップアップルーフの中にはふたり分のベッドやリーディングライトを備える。サブバッテリーを搭載するので、メインバッテリー切れを心配する必要もない。

ポップアップルーフの中にはふたり分のベッドやリーディングライトを備える。サブバッテリーを搭載するので、メインバッテリー切れを心配する必要もない。

さらに、ルーフの右側から車外に簡易的な屋根を展開できるロールアップ機能付きのサイドオーニングが装着されており、オートキャンプなどのときに日差しを避けることもできる。

インテリアに目を移すと、運転席と助手席の前席を最大230度回転させられるシートを採用。車内で向かい合って談笑できるような空間を作り出すことも可能だ。ここに折りたたみ式のテーブルを展開すれば、まるでダイニングルームのできあがりである。

2列目シートにはシートヒーターと、さらに座面の熱を除去する複数のファンを内蔵することにより、暑い季節の快適性を高める機能も備える。3列目シートにはフルフラット機能のほか、アンダーシートボックスも備えて足元の空間を収納スペースとして有効活用することもできる。

このほかエンジン停止時の電源として機能するサブバッテリーを搭載や、ウィンドゥカーテンを装備するなど、オートキャンプや車中泊の際の快適性を高められている。

画像: 運転席と助手席を回転さることで、対面式のレイアウトにすることもできる。

運転席と助手席を回転さることで、対面式のレイアウトにすることもできる。

車両前方のレーダーで先行車を検知・追突のリスクを低減する「アクティブブレーキアシスト」や、先行車両との車間距離を自動で維持する「アクティブディスタンスアシスト ディストロニック」、車線逸脱をステアリングの微振動で警告する「レーンキーピングアシスト」などを含む先進の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備し、旅先までの道のりの安全性や快適性にも抜かりはない。

アウトドアライフをより快適に楽しみたいという人にぴったりのモデルといえるだろう。V220d マルコポーロ ホライゾン(右ハンドル)の車両価格は938万円となる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.