クルマ擬人化マンガ「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」…略して「ウチクル!?」の第51話。今回の主人公は1959年に誕生したクラシックミニの中でも、1275ccのエンジンを搭載したもっともホットなモデル「モーリス ミニ クーパーS」だ。漫画:鈴木秀吉

ウチクル!? 第51話「モーリス ミニ クーパーSがこんなに可愛いわけがない!?」

画像1: ウチクル!? 第51話「モーリス ミニ クーパーSがこんなに可愛いわけがない!?」
画像2: ウチクル!? 第51話「モーリス ミニ クーパーSがこんなに可愛いわけがない!?」
画像3: ウチクル!? 第51話「モーリス ミニ クーパーSがこんなに可愛いわけがない!?」
画像4: ウチクル!? 第51話「モーリス ミニ クーパーSがこんなに可愛いわけがない!?」

ウチクル!?バックナンバー

モーリス ミニ クーパーS(1964年発売)

BMC社が開発したモーリス ミニ マイナーとオースチンセブンの姉妹モデルをベースに、ジョン・クーパー氏によってチューニング、ラリーモンテカルロで総合優勝するに至ったミニ クーパー。さらに1964年に追加されたミニ クーパーSは、排気量を1275ccに拡大したエンジンを搭載し、吸排気の変更や7.5インチのディスクブレーキなどによって強化されたホモロゲーションモデルともいえるグレードだった。最高速は160km/hにも及んだという。

画像: 1071cc(68ps)だったクーパーのエンジンから1275ccに排気量を拡大、さらに圧縮比を9.5に高めるなど75psまでパワーを向上させている。

1071cc(68ps)だったクーパーのエンジンから1275ccに排気量を拡大、さらに圧縮比を9.5に高めるなど75psまでパワーを向上させている。

モーリス ミニ クーパーS 主要諸元

●全長×全幅×全高=3050×1410×1340mm
●ホイールベース=2030mm
●重量=635kg
●エンジン種類=直4 OHV
●排気量=1275cc
●最高出力=75ps/5800rpm
●最大トルク=10.9kgm/3000rpm
●トランスミッション=4速MT
●駆動方式=FF

画像: クルマ擬人化ストーリー「ウチクル!?」が単行本化。好評販売中! 「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」をまとめた単行本、第1巻をネット&リアル書店で販売中。オーナーと愛車のラブリーな日常を綴った物語。知れば知るほどウチのクルマが好きになる! 定価:本体 891円+税 鈴木秀吉(著) モーターマガジン社(発行) www.amazon.co.jp

クルマ擬人化ストーリー「ウチクル!?」が単行本化。好評販売中!
「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」をまとめた単行本、第1巻をネット&リアル書店で販売中。オーナーと愛車のラブリーな日常を綴った物語。知れば知るほどウチのクルマが好きになる!
定価:本体 891円+税
鈴木秀吉(著)
モーターマガジン社(発行)

www.amazon.co.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.