2月にソロキャンプに出かけてきました! 高速道路から未舗装路まで走り、見えてきたADV150の真の性能。このバイクなら日本一周もできちゃう!?

「ADV150」は高速道路も快適! 長旅でこそ光るその万能性

画像: Honda ADV150 総排気量:149cc 発売日:2020年2月14日 メーカー希望小売価格(税込):45万1000円

Honda ADV150

総排気量:149cc
発売日:2020年2月14日
メーカー希望小売価格(税込):45万1000円

時速100kmを超え、まだじわじわと速度を上げていく。

「いったい何キロ出るんだ? ADV150!」

最高速が分かるかもしれないと思い、選んだルートは新東名高速の制限速度120km/h区間だった。

画像1: 「ADV150」は高速道路も快適! 長旅でこそ光るその万能性

メーターは110km/hを表示。さらにまだ伸びていく。111、112、113、114、115、114、115、114、115、114……「115キロでリミッターがかかる!?」115km/hに達すると押し戻されるように、リミッターが働いた。

僕としては予想以上、充分すぎるほどの高速巡航性能だった。トップスピードまで、身体を伏せたりすることもなく、平然と速度を上げていく。直進安定性が高く、タイヤのグリップ感もあり、風はほとんど身体に当たらない。総じて、149ccのバイクとはとても思えないほどに、快適。

画像2: 「ADV150」は高速道路も快適! 長旅でこそ光るその万能性

しかも、見た目のコンパクトさとは裏腹に、ゆったりと乗れる。身長175cmの僕は、ハンドルにもフットボードにもシートにも窮屈さを覚えず、サイズ感はジャストフィットと思えるものだった。

東京から首都高→東名→新東名を経て、向かった先は静岡県浜松市のキャンプ場。ADV150を初めて見たとき、「何てキャンプツーリングに適していそうなバイクなんだ!」と感激した。その予感は的中。

ADV150に積んだシートバッグは容量25Lの小ぶりなもの。入りきらない道具はすべてシート下のラゲッジボックスに収まった。ちなみにリアシートの積載性も優れていて、トップケースやキャリアを装備することなく大荷物を積むことができる(あればより便利だけどね)。

画像3: 「ADV150」は高速道路も快適! 長旅でこそ光るその万能性

また、キャンプツーリングでは必ずといっていいほど数百メートルは未舗装路を走ることになる。ここでもADV150は万能性を発揮。フロントフォークはクラス最長130mmのストローク量を確保。リアは120mmのストロークを確保したリザーバータンク付きのツインショック。専用デザインのブロックパターンタイヤの性能も相まって、ちょっとしたダートならものともせずに、ずんずん進んでいける。

画像4: 「ADV150」は高速道路も快適! 長旅でこそ光るその万能性

テントを設営し、夕食の準備を終えると日が暮れてきた。焚き火の爆ぜる音を聴きながら、ボーっとする贅沢な時間の始まりだ。空には星が輝き出し、月明りとランタンがバイクを照らす。ADV150はよく見ると、とっても男前な顔をしている。

画像5: 「ADV150」は高速道路も快適! 長旅でこそ光るその万能性

コミューターとしての実用性がフォーカスされがちだが、一日中あらゆる道を走って、立派なアドベンチャーバイクだと分かった。通勤・通学に便利なのはもちろんだけど、このバイクは旅でこそ真価を発揮する。きっと所有して街乗りをしたら、すぐにロングツーリングに出かけたくなるはずだ。

平均燃費は高速道路のみの走行で30km/L前後。後日別の機会で走ったとき一般道では40km/Lを超えた。燃料タンク容量は8L。計算上では、一般道なら300km以上のの連続走行が可能。

これは僕の予想だが、今後、北海道を目指す旅人や日本一周ライダーにも支持されるはず。それだけのポテンシャルをADV150は持っている。
 

画像6: 「ADV150」は高速道路も快適! 長旅でこそ光るその万能性

文・写真:西野鉄兵

「ADV150」のイイところ!

画像: ハンドルの切れ角が大きくて小回りも楽々。幅広なバーハンドルはアフリカツインのようでかっこいい!フロントインナーボックスには電源ソケットを標準装備している。

ハンドルの切れ角が大きくて小回りも楽々。幅広なバーハンドルはアフリカツインのようでかっこいい!フロントインナーボックスには電源ソケットを標準装備している。

画像: シート下ラゲッジボックスの容量は27L。テントのポールなど長物を入れやすくて便利。形状にもよるがフルフェイスヘルメットも収納可能。

シート下ラゲッジボックスの容量は27L。テントのポールなど長物を入れやすくて便利。形状にもよるがフルフェイスヘルメットも収納可能。

画像: シート高は795㎜。スクーターとしては高めだが、そのおかげでポジションが快適。給油口がシート下ではなくここにあるのも旅ではありがたい。

シート高は795㎜。スクーターとしては高めだが、そのおかげでポジションが快適。給油口がシート下ではなくここにあるのも旅ではありがたい。

画像: フロントマスクのデザインは完全にアドベンチャースポーツバイク。スクリーンは2段階の高さ調整が可能。灯火類はすべてLED。

フロントマスクのデザインは完全にアドベンチャースポーツバイク。スクリーンは2段階の高さ調整が可能。灯火類はすべてLED。

画像: 高速道路での快適さには、標準装備のスクリーンが大きく貢献。雨が降っても走行中に濡れる箇所はだいぶ少ないだろう。

高速道路での快適さには、標準装備のスクリーンが大きく貢献。雨が降っても走行中に濡れる箇所はだいぶ少ないだろう。

画像: 最低地上高は165㎜。フラットダートなら躊躇なく入っていける。リアシートは荷物を積みやすい形状だ。

最低地上高は165㎜。フラットダートなら躊躇なく入っていける。リアシートは荷物を積みやすい形状だ。

画像: 収納力+積載性の高さでキャンプツーリングを軽々と実現。ADV150のスタイリングは自然の風景とよく馴染む。

収納力+積載性の高さでキャンプツーリングを軽々と実現。ADV150のスタイリングは自然の風景とよく馴染む。

ホンダ「ADV150」主なスペックと価格

全長×全幅×全高:1,960×760×1,150mm
ホイールベース:1,325mm
最低地上高:165mm
シート高:795mm
車両重量:134kg
エンジン形式:水冷4ストOHC単気筒
総排気量:149cc
ボア×ストローク:57.3×57.9mm
圧縮比:10.6
最高出力:11kW(15PS)/8,500rpm
最大トルク:14N・m(1.4kgf・m)/6,500rpm
燃料タンク容量:8.0L
変速機形式:無段変速式(Vマチック)
タイヤサイズ(前・後):110/80-14M/C 53P・130/70-13M/C 57P
ブレーキ形式(前・後):シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格(消費税10%込):45万1,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.