2020年6月の発売が待ち遠しいハンターカブは、早くもたくさんのカスタムパーツがスタンバイ! オプションパーツの装着でスタイルを一変したカスタムCT125を見てみよう!

ホンダ「CT125・ハンターカブ」カスタム車 
ACTIVE TRAIL STYLE

機能性、実用性を高めて新型ハンターカブをさらに楽しむ

画像: 機能性、実用性を高めて新型ハンターカブをさらに楽しむ

ガードバーやスキッドプレート、センターキャリアといったキタコのパーツでまとめられたこのカスタムのテーマは「アクティブトレールスタイル」。

ノーマルの美しいスタイルをキープしながら、アウトドアシーンで役立つ実用的なアイテムを中心に組み込んだカスタマイズスタイルで、ハンターカブの機能性、実用性を向上させ、野山でトレッキングを楽しめるように、ハンターカブ本来の魅力を大きく高めてくれるパーツを装着した一台だ。

画像: さまざまなアクセサリーをマウントでき、機能拡張にも大きく貢献する、便利なマルチパーパスバーは税込4620円。

さまざまなアクセサリーをマウントでき、機能拡張にも大きく貢献する、便利なマルチパーパスバーは税込4620円。

画像: 堅牢でサビにも強い、ステンレス製のブッシュガードは税込み1万8700円。ブラック仕上げは1万7600円(税込)だ。

堅牢でサビにも強い、ステンレス製のブッシュガードは税込み1万8700円。ブラック仕上げは1万7600円(税込)だ。

画像: 無段階のプリロード調整を備えたショックは税込7040円。ノーマルとは異なるピッチのスプリングはレッド仕上げ。

無段階のプリロード調整を備えたショックは税込7040円。ノーマルとは異なるピッチのスプリングはレッド仕上げ。

画像: ファンから「ベトナムキャリア」と呼ばれるタイプのセンターキャリアは税込7700円。メッキとブラックが選べる。

ファンから「ベトナムキャリア」と呼ばれるタイプのセンターキャリアは税込7700円。メッキとブラックが選べる。

まとめ:オートバイ編集部/写真:赤松 孝

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.