NEXCO東日本などの高速道路会社では、緊急事態宣言の延長に伴い、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るための広域的な人の移動を最小限にする取組みを5月31日まで延長すると発表した。(写真はイメージです)

5月31日までの週末は休日割引を適用せず

NEXCO東日本(東日本高速道路株式会社)/NEXCO中日本(中日本高速道路株式会社)/NEXCO西日本(西日本高速道路株式会社)/本州四国連絡高速道路株式会社および宮城県道路公社では、緊急事態宣言の延長に伴い、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るための広域的な人の移動を最小限にする取組みについての依頼を国土交通省から受け、4月29日から5月10日までとしていた以下の取組みを、5月31日まで延長すると発表した。

■休日割引の適用除外

毎週の土曜・日曜、および祝日と1月2日・3日は、NEXCO東日本/中日本/西日本が管理する地方部の高速道路(東京・大阪近郊は対象外)および仙台松島道路では、普通車と軽自動車のETC通行料金が30%割引される休日割引が適用されるが、ゴールデンウイーク期間中に引き続き2020年5月31日(日)までの土・日曜日についても、休日割引を適用しないこととした。

画像: 他の割引きについては変更はない。

他の割引きについては変更はない。

■サービスエリア(SA)/パーキングエリア(PA)における営業自粛など

SA/PAでレストランや土産品コーナーを営業しているテナントに対して、5月11日(月)以降5月31日(日)までの土曜・日曜を中心に、これらの営業の自粛を継続するよう依頼した。各店舗の営業時間については、改めて各社の公式Webサイトなどで案内される。

なお、物流事業者などに不便がかからないようガソリンスタンドやシャワー設備などは通常通り継続しているので、利用は可能だ。

■高速道路における「不要不急の都道府県をまたぐ移動の自粛」の呼びかけ

各高速道路会社では、テレビやラジオなどを通じた呼びかけや、各会社の公式WebサイトやSNS、高速道路上の道路情報板、SA/PAにおけるポスター掲示や音声案内、ハイウエイラジオ放送などによる「不要不急の都道府県をまたぐ移動の自粛」の広報など、今後もさまざまな媒体を通じた呼びかけを実施し、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組んでいく。

詳細に関しては、各高速道路会社のWebサイトなどを参考にされたい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.