NEXCO中日本 八王子支社は、2020年5月11日(月)から29日(金)までの平日18時〜翌6時に、集中工事を実施すると発表した。(写真はすべてイメージです)

高速道路ネットワーク機能を健全に保つための集中工事

今回の集中工事では、傷んだ舗装面の補修や橋梁の繋ぎ目部分(伸縮装置)の取替えなどが行われる。主な規制日時は、以下のようになる。

■高井戸IC~八王子IC:夜間車線規制

5月11日(月)から29日(金)まで、平日18時~翌6時
※天候および作業進捗などにより工事期間を短縮する場合があるので、工事の状況は中央道集中工事専用WEBサイトを確認されたい。

画像: 今回の集中工事区間は、高井戸ICから八王子ICまでとなる。

今回の集中工事区間は、高井戸ICから八王子ICまでとなる。

■インターチェンジ出入口:夜間閉鎖

●高井戸IC
【実施日】5月19日(火)20時~翌4時
【予備日】5月25日(月)から29日(金)までの同時間帯
●調布IC
【実施日】5月18日(月)から20日(水)まで各日20時~翌4時
【予備日】5月25日(月)から29日(金)までの同時間帯
●稲城IC
【実施日】5月12日(火)1時30分~2時
【予備日】5月26日(火)から30日(土)までの同時間帯
●府中スマートIC
【実施日】5月14日(木)0時30分~3時30分の間に5分間程度の閉鎖を4回実施
【予備日】5月26日(火)から30日(土)までの同時間帯
※雨天等の事象により予定どおり実施できない場合は、予備日に実施。また、IC閉鎖が雨天等の事象により予備日の実施となった場合は、調布ICおよび高井戸ICの工事を優先して実施する。

交通規制期間中は走行可能な車線数が2車線から1車線へ縮小するため、夕方を中心に高井戸インターチェンジ(IC)~国立府中IC間で10km程度の渋滞が予想されている。そこでNEXCO中日本では走行経路を選択できるように、迂回ルートとなる首都圏中央連絡自動車道(圏央道)、東名高速道路(東名)、国道20号の交通情報提供などに取り組んでいる。

利用時間の変更に加え、八王子IC~高井戸IC間は国道20号への迂回や公共交通機関の利用も推奨されている。所定の迂回路を利用すると、迂回しなかった場合の料金と同額とするなどの料金調整が行われるので、圏央道、東名や国道20号へ迂回したほうが賢明だろう。

画像: 東名や圏央道、国道20号への迂回が推奨されている。

東名や圏央道、国道20号への迂回が推奨されている。

また上記のように、本工事では高井戸IC/調布IC/稲城IC/府中スマートICの夜間閉鎖も実施されるので、その時間帯は近隣のICを利用されたい。

工事や交通規制の具体的内容は、中央道集中工事専用WEBサイトや中央道集中工事専用ダイヤル(工事期間中のみ)などで随時案内される。今回の集中工事は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、不要不急の帰省や旅行など都道府県をまたいでの移動は控えられている期間なので、いつもほどの渋滞は起きないのではと思われている。とはいえ、仕事などで中央道を利用しなければならない人は、確認してから出かけるように心がけたいものだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.