2019年夏に披露されたアクティブによるカスタムKATANAをご紹介!

KATANAの全体に渡るパーツ群開発が進行中

ゲイルスピードブランドで鍛造ホイールやブレーキほか足まわりパーツを、また自社アクティブブランドでも多くのハードパーツを展開し、一方でハイパープロサスペンション(これも日本=アクティブで収集した開発データで作られる)やギルズツーリングなど秀逸な海外製品を扱うアクティブ。

スズキKATANAにもそうしたパーツ群の適合品が続々と開発されている。写真はその初期段階で、KATANAを特徴付けつつもルックスを変えたいと思うユーザーが多いだろうという考えから作られたフェンダーレスキットや、万一の転倒からのダメージを予防するフレームスライダー/レバーガード、またアクラポヴィッチのJMCA 政府認証チタンスリップオンEXなどが装着される。

画像: KATANAの全体に渡るパーツ群開発が進行中

2019年9月15日の第1回KATANAミーティングの会場では、この車両はさらに開発が進んだパーツ群を装着して展示された。上写真はその当日のもので、新作となるゲイルスピード・フロントキャリパーや同じくType-SB1ホイールのガンメタリックを装着して全体の印象変化をアピール。

細部でもスライダーがウイングタイプになったり、ウインカーが縦型(ラジエーター横前位置。ラジエーターシュラウドがマウント部となる)になったり。ハンドルもバータイプのままでローポジションになる新開発品も装着。さらにはテールカウル下両サイドには荷掛フックも覗く。これらはフロントのGSX1100Sスクリーン取り付けステーキット(販売中)を筆頭に、すべて市販へと向けて開発が進んでいるものだった。

同様にハイパープロ製品もリヤショックや前/後のサススプリング(30㎜ローダウンスプリング設定あり)、お得な前後パッケージ仕様、も含めてラインナップ済み。

今後はフットコントロールキットと名付けられたステップや、NEXRAYブランドでのドライカーボン製リヤフェンダー/チェーンケース、またロングテールカウルにセパレートハンドル。金属+樹脂で人気上昇中のエンジンカバースライダーなど、ユーザーニーズに応える製品が次々スタンバイ予定。多彩なパートに用意されるアクティブのKATANAパーツ、すべて揃えた状態も楽しみだ。

Detailed Description 詳細説明

画像1: Detailed Description 詳細説明
画像2: Detailed Description 詳細説明

「ハイパープロ ストリートボックス ホース付タンクタイプ HPA付」(15万4000円+税)はハイパープロ製フロントスプリングとHPA=油圧プリロードアジャスター付きリヤショック(左写真のホース付きタンクタイプ[上段写真はタンク装着例]で単体14万5000円+税)をセットにしたセットキットだ。以外もリヤショックの種類違いなどで4タイプあり、9万4000円~15万4000円(税別)。

画像3: Detailed Description 詳細説明

「アクラポヴィッチ JMCA仕様 スリップオンライン チタン」(10万8000円+税)はJMCA認証品で、ヒートガードやカーボン製エンドキャップも備えている。

画像4: Detailed Description 詳細説明

オリジナルの「ゲイルスピード4POTラジアルマウントキャリパー」は開発中製品だ。

画像5: Detailed Description 詳細説明

ラジアルポンプのフロントマスターシリンダーは「ゲイルスピード・VREブレーキマスターシリンダー エラボレートφ17.5 ミラーホルダー仕様」(7万8000円+税)。ミラーは、ここではナポレオン バレンミラーT.Tブラックを装着している。

画像6: Detailed Description 詳細説明

ホイールはアルミ鍛造の「ゲイルスピード・ TYPE-SB1」でサイズはノーマルに同じ3.50-17(13万円+税)/6.00-17(16万3000円+税)。ガンメタはこの時点で参考カラーとしての展示だった。

画像7: Detailed Description 詳細説明
画像8: Detailed Description 詳細説明

LEDフロントウインカーキットはラジエーターシュラウド状のマウントプレートでマウント(開発中)する。フレームスライダーはラウンドタイプ(1万800円+税/メイン写真のブラックKATANAに装着)が販売中。この時点で開発中だったウイングタイプも2万9000円+税で販売スタート。

取材協力:アクティブ

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.