過去を称賛しながら最新の解釈を盛り込むXSRベースのオフロード仕様の3台

画像: ヤマハ「XSR700 ABS」(国内・2020年モデル)

ヤマハ「XSR700 ABS」(国内・2020年モデル)

欧州から数々のカスタムアイデアを発信するヤマハモーターヨーロッパの取り組み。前回からはヤマハXSR700を素材としたカスタムバイクを紹介中。2回目となる今回は、同車をベースにオフロード仕様へと変貌させたマシン群を。

XSRと同じDOHC2気筒、688ccエンジン搭載車としては、テネレ700が頭に浮かぶが、ここに紹介する3台はさらに噛み砕き、過去をトリビュートしながらも、それぞれ最新の解釈がなされているのが共通の特徴だ。テネレが待ちきれない(?)、あるいは今あるXSRを大幅にイメージ変えしてもっと楽しみたい、そんなライダーに大いに参考になるだろう。

Ymoto The Beast XSR700

往年のラリーマシンをXSRで再現

画像1: 往年のラリーマシンをXSRで再現

ヤマハ・オーストリアとチェコのYmotoが共同で手がけた“ザ・ビースト(獣)”は2019年のヤードビルト車が集った「リユニオン2019」に登場したマシン。

1980年代初頭のパリ・ダカールラリーマシンとしてのXT600テネレを意識して製作したという。大きくアップしたマフラーやビッグタンクを模したタンクカバー、アップフェンダーにデザートタイヤ、ラリーマップ等も備えている。

画像2: 往年のラリーマシンをXSRで再現

YAMAHA X Tribute XSR700

本家が作るXT500オマージュモデル

画像1: 本家が作るXT500オマージュモデル

これは2018年のEICMAに出展され、後に欧州YAMAHAが市販した本家カスタム的な1台。Xトリビュートという名の元は、1981年に販売されたビッグシングルオフローダー、XT500。

そのカラーリングをアレンジした上でアクラポヴィッチ製アップマフラーやオフロード用ハンドルバー、フロントフォークブーツ等を装備している。

画像2: 本家が作るXT500オマージュモデル
画像3: 本家が作るXT500オマージュモデル

YSur Les Chapeaux De Roues XSR700

スクランブラースタイルでイメージ一新

画像1: スクランブラースタイルでイメージ一新
画像2: スクランブラースタイルでイメージ一新

「Back To The Dirt」という2019年ヤードビルトのテーマに沿ってシュルシャポードゥルーズが手がけたのは、スクランブラースタイルのXSR700だ。

2気筒エンジンやフレームはそのままに、排気系は右出しアップとしアクラポヴィッチ製サイレンサーを組み合わせる。

前後ホイールはXT660Z用ハブで2.50-18/4.50-14サイズのワイヤスポークタイプに。日本の我々が見れば、TW200のような印象も合わせ持つ印象。

画像3: スクランブラースタイルでイメージ一新
画像4: スクランブラースタイルでイメージ一新

取材協力:ヤマハモーターヨーロッパ

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.