スズキが誇るスポーツネイキッド「GSX-S」シリーズの末弟がGSX-S125。貴重な125ccクラスのフルサイズスポーツで、鋭いデザインとパワフルなDOHCシングルユニットが魅力のモデルだ。最新モデルの試乗インプレをお届けしよう。

スズキ「GSX-S125 ABS」試乗インプレ&解説(太田安治)

爽快なエンジンフィールに思わずニヤリとしてしまう

画像: SUZUKI GSX-S125 ABS 総排気量:124cc メーカー希望小売価格:36万800円(税込) 2020年モデルの発売日:2020年2月27日

SUZUKI GSX-S125 ABS

総排気量:124cc
メーカー希望小売価格:36万800円(税込)
2020年モデルの発売日:2020年2月27日

本格スポーツネイキッド・GSX-S125の存在には大きな意味がある。125ccクラスにも、ホンダのグロムやカワサキのZ125PROといったマニュアル車はあるが、両車とも乗りやすさを最優先した穏やかな特性のエンジンにワイドレシオの4速ミッションという組み合わせで、前後に小径ホイールを採用したミニバイク。パワーとハンドリング性能をきっちりと引き出して走るようなキャラクターではない。

対して、このGSX-S125は15PSを発生するエンジンに6速ミッション、前後17インチホイールという本格的なパッケージング。走りの質が大きく異なるのだ。

車格こそ250ccよりひと回り以上小さいが、ライディングポジションに窮屈さはない。上体を起こしたり、タンク上に伏せることがスムーズに行なえ、前後タイヤへの荷重コントロールを身に付けやすい。サスペンションの動き、タイヤのグリップ状態が明確に伝わってくるのもフルサイズならではだ。

画像: スズキ「GSX-S125 ABS」試乗インプレ&解説(太田安治)

乗っていて思わずニヤリとしてしまうのがエンジン特性。スポーツライクな、高回転・高出力型の設定で、鋭くダッシュするにはしっかり回転を上げて効率的な半クラッチ操作を行う必要があるし、ダイレクトなスロットルレスポンスを得るには、的確なギア選択と素早いシフト操作で7000回転以上をしっかり保つ必要がある。

扱いやすさと引き換えに「ぬるい」特性になっているエンジンとは異なり、スロットルワークとシフト、クラッチ操作を連携させ、パワーを引き出して走る面白さが最大の魅力。7000〜11000回転あたりでガンガン回せばパワーバンドを実感でき、スポーツライディングの第一歩を学べる。一方で、低中回転でも思いのほかフレキシブルで、コミューター的なトコトコ走りもできる。

画像: 写真のライダーは木川田ステラ

写真のライダーは木川田ステラ

爽快なエンジンフィールに対し、ハンドリングはどちらかといえば安定志向。このあたりはアジア圏の路面状況も考慮されているのだろう。ギャップ通過時の衝撃吸収性が高く、寝かしはじめからフルバンクまでの旋回性も一定しているので、安心してコーナリングできる。

前後ブレーキのバランスも良く、標準装備のABSの介入タイミングも違和感なし。これみよがしな装備はないが、十分なスポーツ性能を秘めている。

操る楽しさを凝縮しながら、価格もリーズナブルなもの。ぜひ若いライダーに乗って欲しい一台だ。

文:太田安治/写真:森 浩輔/モデル:木川田ステラ

スズキ「GSX-S125 ABS」主なスペックと価格

全長×全幅×全高2000×745×1035mm
ホイールベース1300mm
最低地上高165mm
シート高785mm
車両重量133kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量124cc
ボア×ストローク62.0×41.2mm
圧縮比11.0
最高出力11kW(15PS)/10000rpm
最大トルク11N・m(1.1kgf・m)/8000rpm
燃料タンク容量11L
変速機形式6速リターン
キャスター角25°30’
トレール量93.3mm
タイヤサイズ(前・後)90/80-17M/C 46S・130/70-17M/C 62S
ブレーキ形式(前・後)Φ290mmシングルディスク・Φ187mmシングルディスク
メーカー希望小売価格36万800円(税込)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.