フォトグラファー河野英喜が出会った素敵なモデル・タレントの皆さんを全国的に紹介するのがコンセプト。ここではメイキング動画や、カメラのファインダー内の様子を垣間見ることができるのはもちろん、週替わりの撮影小話も大きなポイントだ。ファインダー内で正確にピントを追う瞳AFの動きやモデルの動きに合わせてフレームをキメる様子を堪能しよう。
画像: 【メイキング動画】撮影現場File No.29-1 『発掘・アイドル図鑑_御木ももあ』 youtu.be

【メイキング動画】撮影現場File No.29-1 『発掘・アイドル図鑑_御木ももあ』

youtu.be

時には無心に憧れの目線で・・・。

どこか涼しい印象の彼女には初夏の爽やかな風が似合いそうで海辺で撮影しました。普段はイメージを考えながら行先を決め、ねらいに沿って陽の傾きと時間を読みながら撮影するのですが、ここではそういった「計算」を一切しないで撮影です。単焦点レンズの使用率が多く、普段なかなかズームレンズの出番はないのですが、ここではズーム全開でとても楽しみました。 涼しそうな印象で眺める姿は憧れの女性像です。素敵なシーンをズームで焦点距離を変えながら僕自身もより引きしながら無心にシャッターを切りました。
 
このアイドル図鑑は写真からメイキング動画に至るまで全てNikonのカメラで撮影・収録しているのですが、執筆用にお借りしていた未発売のNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sを使用しています。
 吸い付くように強力な手振れ補正機能や何より素晴らしい画質には惚れ惚れしました。
画質で言えばFマウントの AF-S70-200mm f/2.8E FL ED VRにも感動したものですが、さすが最新機種だけあって解像感や周辺部の仕上がりまで更に上をいく印象です。

僕一人がコッソリ喜んでいるのですが、ちょうど僕がニコン機にチェンジした頃から凄く「ボケ」が意識されたレンズが増えた気がします。「報道のNikon」から「作品のNikon」へと確実に進化しているのを実感します。 写真はレンズ・・・・本当にそう感じます。
 もちろん、他社のレンズも魅力的なものが多く撮影者ご自身の「好み」で選ぶものですが、このレンズはみなさんに一度撮影してもらいたいレンズです。

画像1: Nikon Z 6 +NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S 1/1000 f/3.2 ISO100 WB:5000

Nikon Z 6 +NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S 
1/1000 f/3.2 ISO100 WB:5000

画像: Nikon Z 6 +NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S 1/1250 f/3.2 ISO100 WB:5000

Nikon Z 6 +NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S 
1/1250 f/3.2 ISO100 WB:5000

画像2: Nikon Z 6 +NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S 1/1000 f/3.2 ISO100 WB:5000

Nikon Z 6 +NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S 
1/1000 f/3.2 ISO100 WB:5000

画像3: Nikon Z 6 +NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S 1/1000 f/3.2 ISO100 WB:5000

Nikon Z 6 +NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S 
1/1000 f/3.2 ISO100 WB:5000

画像: Nikon Z 6 +NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S 1/2000 f/3.2 ISO100 WB:5000

Nikon Z 6 +NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S 
1/2000 f/3.2 ISO100 WB:5000

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.