2020年はホラー映画の当たり年になる予感。「ミッドサマー」「透明人間」に続いて、注目のホラー映画が続々日本にやってきます。

ホラー映画史を塗り替えた社会現象級ヒット作に待望の続編が登場

クワイエット・プレイスPART II(近日公開)

全米累計興収1億8800万ドル以上を稼ぎ出し、2018年度のホラー映画としてナンバーワンヒットを記録したサバイバルホラー「クワイエット・プレイス」。あれから2年の“沈黙”を破り、待望の続編が誕生。“呼吸の音さえ恐怖に変わる”あの緊張感が再び帰ってくる!

画像: クワイエット・プレイスPART II(近日公開)

音に反応し人間を襲う“何か”によって荒廃した世界。夫・リーを亡くし、家も失ってしまったエヴリンは、産まれたばかりの赤ん坊と2人の子どもを連れて新たな避難場所を探しに出発する。ノイズが溢れる外の世界で、一家は敵か味方か分からない他の生存者たちに遭遇する。それは想像もつかない脅威の始まりだった……

一家の母親役のエミリー・ブラントをはじめ、役柄と同じ聴覚障害を持つ娘役のミリセント・シモンズ、息子役のノア・ジュープが前作から全員続投。前作で父親役&監督を務めたジョン・クラシンスキーが再びメガホンを取る。新キャストとして「ダンケルク」のキリアン・マーフィー、「キャプテン・マーベル」のジャイモン・フンスーが加入。“謎の生存者たち”を演じるとされている彼らが物語でどんな役割を果たすのかも注目だ。

主人公は彼女!
エヴリン(エミリー・ブラント)

画像: 主人公は彼女! エヴリン(エミリー・ブラント)

人間を襲う“何か”とも勇敢に闘い、サバイバルを続ける一家の母親。今回は2人の子どもに加えて産まれたばかりの赤ん坊も抱え、新たな試練に直面する。前作に続き、監督の妻でもあるエミリー・ブラントが演じる。

ココが“最恐”
全てが予測不可能…危険が各所に存在する

画像: 生き延びた一家の前に“謎の生存者(キリアン・マーフィー)”が現われる

生き延びた一家の前に“謎の生存者(キリアン・マーフィー)”が現われる

本作が描くのは「音を立てたら即死」の世界を生き延びた一家の“その後”。夫と家を失い、新たな安息の地を求める彼らの前に、新たな脅威が立ちはだかる。クラシンスキー監督は「今作では安全だった家や農場も手放さなければいけなくなる。したがって、彼らが行なう全てが予測不可能であり、危険は至る所にあるんだ」とコメントしている。

クワイエット・プレイスPART II(近日公開)

監督:ジョン・クラシンスキー
出演:エミリー・ブラント、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュープ、キリアン・マーフィー
配給:東和ピクチャーズ

© 2019 Paramount Pictures. All rights reserved.

鬼才イーライ・ロスと「クワイエット・プレイス」コンビが最強タッグ

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2020年公開)

画像: ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2020年公開)

恐ろしくも楽しませてくれる仕掛けに満ちたお化け屋敷。でもそんなお化け屋敷に、もし本当の殺人鬼たちが潜んでいたら……?「ホステル」「グリーン・インフェルノ」など次々話題作を放つ鬼才イーライ・ロスがプロデュースした本作は、「クワイエット・プレイス」の脚本家コンビ、スコット・ベックとブライアン・ウッズが監督を務め、ホラー界の最重要人物のコラボレーションが実現した一本。お化け屋敷という古典的な舞台装置が21世紀のホラー映画として新たに生まれ変わる。

ハロウィンの夜にパーティーの延長気分で町はずれのお化け屋敷を訪れた6人の若者たち。最初ははしゃいでいた6人だが、ひとりが負傷したことで事態は一変。そこは正体不明の演者たちが殺人のためにつくった真の“ホラーハウス”だったのだ。若者たちは仲間を次々と失い、想像を絶する恐怖に飲み込まれていく。

主演は現代版「SATC」ともいわれる人気ドラマ「NYガールズ・ダイアリー大胆不敵な私たち」で女性からの圧倒的な支持を得たケイティ・スティーブンス。DV彼氏と別れることのできずにいる主人公に扮し、恐怖と絶叫の熱演を見せる。

主人公は彼女!
ハーパー(ケイティ・スティーブンス)

画像: 主人公は彼女! ハーパー(ケイティ・スティーブンス)

DV彼氏と別れることができずに悩んでいる女子大生。お化け屋敷で殺人鬼たちに遭遇し、窮地に追い込まれていく。「NYガールズ・ダイアリー大胆不敵な私たち」で注目されたケイティ・スティーブンスが演じる。

ココが“最恐”
古典的スラッシャー映画への原点回帰を目指した

画像: 古典的なスラッシャー映画に原点回帰

古典的なスラッシャー映画に原点回帰

「クワイエット・プレイス」の脚本家コンビが手掛けた本作は、斬新な「クワイエット…」とは逆に、古典的スラッシャー映画への原点回帰を目指した作品。子どもの頃から親友同士という2人の、地元のお化け屋敷に入り浸っていた頃の共有体験から誕生した。ジョン・カーペンターやトビー・フーパーといった“先駆者”たちへのオマージュも満載だ。

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2020年公開)

監督:スコット・ベック、ブライアン・ウッズ
出演:ケイティ・スティーブンス、ウィル・ブリテン、ローリン・マクレーン
配給:リージェンツ

© 2018 Danger House Holding Co., LLC. All rights reserved.

あわせて読みたい

【保存版】新感覚ホラー10選!今こそ観てもらいたい映画たち

恐怖とイケメンを同時に堪能!現代ホラー映画史に残る美男子23

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.