マクラーレン・オートモーティブは、アルティメット シリーズの新型ロードスター「マクラーレン エルバ」のデザイン プロトを日本で初公開した。まずは、そのディテールを写真で見ていこう。

1960年代のレーシングカーをオマージュした斬新なスタイル

1960年代に、創始者ブルース・マクラーレンが設計したレーシングカーをモチーフにした、マクラーレンのアルティメット シリーズの最新モデルが、ロードスターの「エルバ」だ。

少しクラシカルな雰囲気もある2シーター ボディは、ルーフはもちろんサイドウインドーもウインドスクリーンもない(ウインドスクリーンはオプションで装着可能)。だが、フロントノーズから吸入されたエアはパッセンジャー前部のフロント クラムシェルから高速で抜けてコクピット上を通過することで、走行していれば雨にも濡れないというマクラーレン・アクティブ・エア・マネージメント・システム(AAMS)を採用している。

シャシやボディカウルだけでなく、シートもカーボンファイバー製。エクステリアがインテリアに流れ込むデザインで、ドアの最上部がインパネの上部に繋がるという、他に類を見ないものだ。

ミッドシップ搭載されるパワーユニットは、815ps/800Nmを発生する4.0LのV8ツインターボ。7速DCTのミッションと組み合わされ、0→100km/h加速は3秒未満、0→200km/h加速はマクラーレン・セナより速い6.7秒という俊足だ。

詳細なスペックは未公表のエルバだが、世界限定249台で価格は日本でも137万5000ポンド(約1億9000万円)からとなっている。生産は、2020年の第4四半期から開始される予定だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.