「基本的に1人で走っているから、インカムは不要」と主張していたものの、テストで通勤や取材に使っている内に、結局手放せなくなってしまったという編集部員、実は多いんです。音楽を聞くだけでなく、ナビの音声を聞いたり、アプリを介してラジオを聞いたりと、用途が広がってきたのもその理由かもしれません。そんな中、シングルでのツーリングや、通勤&通学がメインというユーザーに対して、最適化されたモデル「B+COM ONE」が発売されました! その実力を、テスターの太田安治がチェック!

普段使いを極めた、高品位インカム!

1対1の通話から始まったライダー用インカムだが、スマホなどの各種デバイスとの連携や複数台同時通話といった多機能化に伴って設定や操作が複雑になり、価格も上がっている。そこでライダーの現実的な使い方を細かく検証し、使いやすさと低価格を実現したのが『B+COM・ONE』だ。

画像: スイッチ類が操作しやすいこともビーコムシリーズの特長。B+COM ONEではさらにクリック感が高められている。

スイッチ類が操作しやすいこともビーコムシリーズの特長。B+COM ONEではさらにクリック感が高められている。

画像: 「聴きトーク」機能は省かれたが、インカム通話と音楽再生が切り替えられるので実用上の不便さはない。

「聴きトーク」機能は省かれたが、インカム通話と音楽再生が切り替えられるので実用上の不便さはない。

ビーコムシリーズのスタンダードモデルという位置付けだが、音楽再生時の音質に定評のあるステレオスピーカーシステム、B+COM・ONEとハイエンドモデルの『SB6X』を合計6台まで簡単に接続できるB+LINK機能、IP67相当の防水性能など、基本機能はSB6X譲り。ブルートゥースをシングルチップとしたことで他のライダーと通話しながらスマホなどの音楽をBGMとして流せる「聴きトーク」機能は省かれたが、本体が軽量コンパクトになり、低価格も実現している。

僕は日常的にインカムを使っているが、メインの用途はナビアプリの音声ガイドを聞くことと電話の発着信。インカム通話はタンデムのときだけで、BGMも流さない主義なのでB+COM・ONEの機能で何ら不足はないし、操作も覚えやすい。

日本の企業が日本のライダー向けに開発している安心感に加え、充実したサポート体制にも定評あり。初めてインカムを使う人が選んでも間違いのない製品だ。

SYGN HOUSE
B+COM ONE
価格:2万9700円

画像: フルフェイス用ワイヤーマイク仕様とオープンフェイス用アームマイク仕様の2タイプが用意されている。

フルフェイス用ワイヤーマイク仕様とオープンフェイス用アームマイク仕様の2タイプが用意されている。

画像: 左上がフルフェイスのチンバー内側に貼り付けるワイヤーマイク。その下のアームマイクはオープンフェイスやシステムヘルメット用。

左上がフルフェイスのチンバー内側に貼り付けるワイヤーマイク。その下のアームマイクはオープンフェイスやシステムヘルメット用。

テスター太田安治の欲張りリクエスト

現実的な環境下での使いやすさを追求した製品コンセプトに納得。ペアリングや各種設定をスマホで行えるSB6X用のモバイルアプリがONEにも対応予定とのことなので、一日も早い公開を期待しています。

「6X」用に待望のAndroid用もリリースが開始! 「ONE」用のリリースも待ち遠しい!

性能比較表

画像: 性能比較表
ハイエンドモデル商品性スタンダードモデル
高音質
B+COM SOUND SYSTEM
オーディオシステム高音質
B+COM SOUND SYSTEM
対応聴きトーク機能
対応かんたんB+LINK通話対応
対応ユニバーサル・レシーブ通話対応
対応ユニバーサル通話対応
6人(V3.0以降)最大通話可能人数6人
対応B+COM U PC版UPD機能対応
対応(V4.0以降)B+COM U Mobile App対応予定(未定)
40φ×D10mm
16Ω
USB Type-Cプラグ
スピーカー40φ×D11mm
16Ω
USB Type-Cプラグ
Li-Po 3.7V 800mAバッテリーLi-Po 3.7V 650mA
インカム通話 最大約16時間
携帯通話、音楽再生 最大約18時間
(それぞれ単体での稼動の場合)
連続仕様時間インカム通話 最大約12時間
携帯通話、音楽再生 最大約14時間
(それぞれ単体での稼動の場合)
約60g本体重量約43g
IP67相当防水性能IP67相当
ご購入日より1年間保障期間ご購入日より1年間
2017年8月発売日2020年1月
シングルUNIT ¥34,800(税抜)
ペアUNIT ¥67,500(税抜)
価格アームマイクUNIT ¥27,000(税抜)
ワイヤーマイクUNIT ¥27,000(税抜)

他ブランドのインカムとも、繋がりやすいことで定評のある「B+COM」シリーズ。ソロツーリング派や通勤、通学での走行が多いなら「ONE」、グループツーリングが多いなら「6X」という選択が良さそうだ。(編集部)

撮影/柴田直行、南孝幸 モデル/梅本まどか

問い合わせ:サインハウス

TEL.03-5483-1711

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.