こんにちは。イラストレーターの寺崎です。

いつも月イチでジムカーナの練習会の予定を書いていますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、現在お知らせできる情報がございません。

なのでジムカーナの動画やこぼれ話などでお付き合いいただければと思います。(^^)

モトジムカーナ プロモーションビデオをどうぞ!

画像: 【PV】モトジムカーナ プロモーションビデオ www.youtube.com

【PV】モトジムカーナ プロモーションビデオ

www.youtube.com

東京モーターサイクルショーで流される予定だったプロモーションビデオです。

選手年齢差60歳(10歳〜72歳!)、排気量も小型から大型まで。
いろいろな人、いろいろなバイクが同じコースで競います。

ぜひご覧ください!

グロム愛♡とジムカーナ〜どうしてグロムなの?

さて、みなさんお元気ですか?
ジムカーナライダーは筋トレ、ヨガ、パーツをポチる、など過ごしているようです。
私はというと、ローラー台の上でロードバイク(自転車)を家の中で漕いで体力作りです。

さて練習会の情報は中止になる可能性が多く控えさせていただいてますが、月1でジムカーナのことを発信したくて、何か伝えることはないかSNSで尋ねてみました。
ご協力ありがとうございます。(^^)

画像: 寺崎愛イラストレーター on Twitter twitter.com

寺崎愛イラストレーター on Twitter

twitter.com

その中で、ジムカーナをしていない方からびっくりされる「他のオートバイ競技と違い、小排気量でも速いのはなぜ?」ということに、自分なりですがちょっと触れたいなと思います。

私は250ccから125cc、CBR250RR(MC22)からグロム に乗り代えて速くなりました。

6年前になりますが、2014年2月の関東事務茶屋杯にエントリーしてましたが、雪で中止に。

そのときほっとしたんです。
当時乗っていたCBR250RR(ジムカーナをする前から乗ってた)で走らなくて済むから。
というのも、CBR250RRは私には大きく感じ、怖々乗っていました。
なのでこれを機に小さいバイクにしようと決めました。

画像: 関東事務茶屋杯が雪で中止になり、正直ほっとしたのでした。

関東事務茶屋杯が雪で中止になり、正直ほっとしたのでした。

当時ジムカーナでミニバイクといえば、XR100。
確かすでに新車で発売はされてなくて、ググったらオートバイのライター、小松さんの記事にたどり着きました。

この記事だったかな?(・・;)↓

で、まだ所有してるのか聞いたら、モトコンポミーティングやジムカーナでお馴染みの荒畑輪業さんにあるということで現物を見てきました。
そしたら、もうパーツも出ないからおすすめはしないよ、とのことでした。

やっぱり「VTR(250cc)にしたらどう?」(VTRは現在もいちばん人気です)と、みんながみんな言ってくれましたが、

みんなVTRに乗ってるからいやでした。(ヾノ・∀・`;)イヤイヤ

それ以上にVTRも大きく感じるんですよ・・・。
私より小柄な多くの女性がVTRに乗ってますが、大きく感じるか、好きかどうかは人それぞれですよね?

それで、ふらっとホンダドリームに行ってみました。

画像1: みんなVTRに乗ってるからいやでした。(ヾノ・∀・`;)イヤイヤ

そこでグロムを出会ってしまい、またがるとフィットする感覚だったんです。
でも排気量が125ccと小さめなので、周囲に結構反対されました。
(しかもこのときグロムのカスタムパーツはほとんどなかったので。)

このとき、おもしろいなと思ったこともあって、男性ライダーのやれやれ・・・という反応に対して、女性ライダーの皆は「いいじゃん!乗ってて楽しそうだよ!」と笑顔で賛成してくれたこと。
うん、ただただ、とにかくジムカーナを楽しくやりたかったんです!

画像: 納車して次の日、モーターマガジン社前にて

納車して次の日、モーターマガジン社前にて

そして納車が2014年3月11日、次の大会のDUNLOP・月刊オートバイカップ!ジムカーナ大会が3月23日。

画像: ステップは擦っちゃうので切ってもらいました。 買ったら買ったで親身にして頂いた周囲の方には、今でも感謝でいっぱいです。(^^)

ステップは擦っちゃうので切ってもらいました。
買ったら買ったで親身にして頂いた周囲の方には、今でも感謝でいっぱいです。(^^)

大会の前にタイヤはTT93GPに交換。
どしても擦っちゃうステップは切ってもらい、大会にグロムで臨んで結果は145.86%!
CBR250RRより10%ほど遅くなり正直ショックでしたが、楽しいという気持ちの方が大きかったです。

この大会で、グロムでジムカーナをやってたけど盗まれたという男の子(こんな若い男の子がジムカーナやってるんだ!とびっくりしました)にどうカスタムをしたか教えてもらいほぼ同じにして、7月の大会では10%ほど速くなり、CBR250RRのタイム比を抜くことができました。

画像2: みんなVTRに乗ってるからいやでした。(ヾノ・∀・`;)イヤイヤ

「他のオートバイ競技と違い、小排気量でも速いのはなぜ?」の答えは、大きなバイク、小さなバイク、それぞれ得意なセクションがあるから・・・であって、
私の場合は「乗ってて怖くないからアクセルを開けられる」、「細かいところ、特に狭いところに恐怖心がなくなり速くなった」ことで小排気量でむしろ速くなった、ということが起きました。
(同じように恐怖心から小排気量に変えて速くなったライダーは男女問わずいます。)
転倒してもそれほど痛くないし、すぐ起こせますから!!(^^)

そうそう、速くなってくると練習方法やカスタムにも興味が出てくるんですよ!!
気持ちも自発的になってきたこと、これがなによりプラスになっています。

イラストレーター 寺崎 愛 オフィシャルサイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.