大人気モデル「レブル250」がモデルチェンジを果たした。灯火類はLEDに変更、アシストスリッパークラッチの装備など、各所をブラッシュアップさせている。その特徴を詳しく解説しよう。

ホンダ「レブル250」解説&試乗インプレ(太田安治)

乗るたびに発見のある走りの楽しいモデル

画像: Honda Rebel 250 総排気量:249cc メーカー希望小売価格:59万9500円(税込) 2020年モデルの発売日:2020年3月19日

Honda Rebel 250

総排気量:249cc
メーカー希望小売価格:59万9500円(税込)
2020年モデルの発売日:2020年3月19日

失礼(?)ながら、レブル250がこれほど大ヒットするとは想像していなかった。確かにお手軽で市街地での乗りやすさも抜群。しかし「低くて長い」伝統的なアメリカンスタイルとは異なるし、クラシック感やスポーティさを強調しているわけでもないから、ユーザー層は限定されると思っていた。

だが、試乗するたびに新たな発見がある。クルージング中の穏やかな走行性能、峠道でも安心できるハンドリング、単気筒のパルス感が渾然一体となったキャラクターに体がなじむと、ライダーとレブルの間で意思が通じ合うような感覚さえ生まれてくるほどだ。

画像1: ホンダ「レブル250」解説&試乗インプレ(太田安治)

エンジンは、水冷4ストDOHC4バルブ単気筒。このエンジンはCBR250R用をベースとし、キャラクターに合わせて常用回転域トルク重視にチューニング。力強く発進し、タタタッ! と軽く回って速度が乗り、単気筒エンジンに多い高回転での重ったるさもない。

高速道路クルージングは難なくこなせ、120km/h巡航も可能。どの回転域でも振動に雑味がなく、歯切れのいい排気音と共に適度なパルスを感じさせるので、オートバイを駆っている満足度は高い。ただ、走行風はダイレクトに受けるから、最も快適な速度域は50〜80km/hあたりになる。

画像2: ホンダ「レブル250」解説&試乗インプレ(太田安治)

新採用の「アシストスリッパークラッチ」で、クラッチレバー操作は拍子抜けするほど軽い。レバーを握ったままの信号待ちが苦にならないし、頻繁なシフト操作で手が疲れることもない。普通に乗っていればスリッパークラッチが作動することはまれだが、シフトダウン操作に不慣れなビギナーや、滑りやすい路面では間違いなく恩恵をもたらす。

前後タイヤは太めだが、身のこなしは驚くほど素直。シャープさこそないが、接地感がしっかり伝わってくる。低速ターンでフロントタイヤが内側に切れ込んだり、高速コーナーで接地感が薄れることもなく、ストレスを感じないハンドリングに仕上がっている。

画像3: ホンダ「レブル250」解説&試乗インプレ(太田安治)

引き換えにサスペンションのスプリング設定はやや硬く感じた。上体が直立するポジションなので、ギャップ通過時に腰から頭までが突き上げられる。ソロライドでの快適さを求めるなら、リアサスのプリロードを弱めにセッティングするといいだろう。

抜群の足着き性、燃費の良さ、手頃な価格などもエントリーユーザーや小柄なライダーには大きな魅力。エンジンから装備類まで各部をきめ細かく改良した新型の登場で、レブルファンはさらに増えそうだ。

文:太田安治/写真:南 孝幸

ホンダ「レブル250」主なスペックと価格

※《 》内はRebel 250 S Edition

全長×全幅×全高2205×820×1090mm
ホイールベース1490mm
最低地上高150mm
シート高690mm
車両重量170kg《171kg》
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量249cc
ボア×ストローク76.0×55.0mm
圧縮比10.7
最高出力19kW(26PS)/9500rpm
最大トルク22N・m(2.2kgf・m)/7750rpm
燃料タンク容量11L
変速機形式6速リターン
キャスター角28.00゜
トレール量110mm
タイヤサイズ(前・後)130/90-16M/C 67H・150/80-16M/C 71H
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格59万9500円《63万8000円》(税込)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.