2020年6月26日発売予定のホンダ「CT125・ハンターカブ」。「スーパーカブ C125」とはエンジンの出力特性も変えられている。ホンダのこだわりが詰まったメカニズムを解説しよう。
画像: Honda 「CT125・ハンターカブ」 カラー:グローイングレッド 総排気量:124cc 発売日:2020年6月26日(金)予定 価格:44万円(税込)

Honda 「CT125・ハンターカブ」 カラー:グローイングレッド

総排気量:124cc
発売日:2020年6月26日(金)予定
価格:44万円(税込)

ホンダ「CT125・ハンターカブ」のメカニズムを解説

【エンジン】

画像: 空冷OHC2バルブエンジンは、専用開発の吸排気系との組み合わせで中低速のトルクを増強。積載時の走行や登坂に強い設定とした。スキッドプレートやキックスターターも装備している。

空冷OHC2バルブエンジンは、専用開発の吸排気系との組み合わせで中低速のトルクを増強。積載時の走行や登坂に強い設定とした。スキッドプレートやキックスターターも装備している。

画像: 緑のグラフがベースとなったスーパーカブC125、赤のグラフがCT125のパワー/トルクカーブ。CTがいかに低中速の力強さに割り切った設定としているかが分かる。

緑のグラフがベースとなったスーパーカブC125、赤のグラフがCT125のパワー/トルクカーブ。CTがいかに低中速の力強さに割り切った設定としているかが分かる。

画像: これはスーパーカブC125用のエンジン。ケースカバーのリング状のカバーパーツやエキパイレイアウトなどがCT125とは異なっている。

これはスーパーカブC125用のエンジン。ケースカバーのリング状のカバーパーツやエキパイレイアウトなどがCT125とは異なっている。

画像: 不用意な水の進入を防ぎ、山道などでの障害物にも強いアップタイプのマフラー。大型のヒートガードも装備。

不用意な水の進入を防ぎ、山道などでの障害物にも強いアップタイプのマフラー。大型のヒートガードも装備。

画像: 先代のCT110と同様にハイマウントエアクリーナーを採用。山道や沢などでの不意の水の進入を防ぐ造りとなっている。

先代のCT110と同様にハイマウントエアクリーナーを採用。山道や沢などでの不意の水の進入を防ぐ造りとなっている。

画像: ハイマウントされた吸気口はリアキャリアに設けられたダクトからフレッシュなエアを取り込む構造となっている。

ハイマウントされた吸気口はリアキャリアに設けられたダクトからフレッシュなエアを取り込む構造となっている。

【フレーム】

画像: スーパーカブC125用をベースにリアフレームを延長し、ピボットプレートを補強。剛性バランスを見直し、タフに使える仕様とした。イラストの赤い部分がスーパーカブC125からの変更ポイントだ。

スーパーカブC125用をベースにリアフレームを延長し、ピボットプレートを補強。剛性バランスを見直し、タフに使える仕様とした。イラストの赤い部分がスーパーカブC125からの変更ポイントだ。

画像: こちらはスーパーカブC125用のフレーム。メインパイプこそCTと同じ形状だが、リアセクションやピボット部などの構成が異なっているのが見て取れる。

こちらはスーパーカブC125用のフレーム。メインパイプこそCTと同じ形状だが、リアセクションやピボット部などの構成が異なっているのが見て取れる。

【タイヤ・ブレーキ・サスペンション】

画像: 一般的なモーターサイクルと同形式のトップブリッジとテレスコピック式フロントフォークを採用。フロントサスのストローク量はスーパーカブC125より10㎜アップしている。
一般的なモーターサイクルと同形式のトップブリッジとテレスコピック式フロントフォークを採用。フロントサスのストローク量はスーパーカブC125より10㎜アップしている。
画像: リアのブレーキディスク径はφ190mm。サイドカバーには獣の足跡をイメージさせるグラフィックも入る。タイヤはIRC製。

リアのブレーキディスク径はφ190mm。サイドカバーには獣の足跡をイメージさせるグラフィックも入る。タイヤはIRC製。

画像: ブレーキにはφ220mmディスクを採用。フロントのみの1チャンネルABSも搭載し、しっかりした制動力も確保している。

ブレーキにはφ220mmディスクを採用。フロントのみの1チャンネルABSも搭載し、しっかりした制動力も確保している。

画像: タンデム用のステップはスイングアームにマウント。アーム後端には生産国がタイであることを示すコーションラベルが。

タンデム用のステップはスイングアームにマウント。アーム後端には生産国がタイであることを示すコーションラベルが。

リアサスペンションは2本ショック。2種類のバネレートを組み合わせ、初期はスムーズに動き、奥で踏ん張るプログレッシブな特性を実現。

まとめ:オートバイ編集部/写真:南孝幸・ホンダ

ホンダ「CT125・ハンターカブ」主なスペックと価格

全長×全幅×全高1960×805×1085mm
ホイールベース1255mm
最低地上高165mm
シート高800mm
車両重量120kg
エンジン形式空冷4ストSOHC単気筒
総排気量124cc
ボア×ストローク52.4×57.9mm
圧縮比9.3
最高出力6.5kW(8.8PS)/7000rpm
最大トルク11N・m(1.1kgf・m)/4500rpm
燃料タンク容量5.3L
変速機形式常時噛合式4速リターン
キャスター角27°
トレール量80mm
タイヤサイズ(前・後)80/90-17M/C 44P・80/90-17M/C 44P
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
乗車定員2人
製造国タイ
メーカー希望小売価格(消費税10%込)44万円
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.