2020年4月21日、FCAジャパンはアバルト595の特別仕様車、595 ピスタと595C ピスタ(Abarth 595 Pista/595C Pista)を発表。328万円〜378万円の車両価格で、2020年5月16日に発売される。

1.4L 直4ターボは20ps向上して165psを発生

現在のアバルト595は、2代目のフィアット500をベースに内外装をアグレッシブなデザインとし、エンジンをハイパワーな1.4L 直4ターボに換装。さらに、ボディ剛性を高めることで刺激的なモデルとして知られている。

このハイパフォーマンスハッチバックに特別仕様車「ピスタ」が追加、2020年5月16日に発売される。ピスタ(pista)とはイタリア語で「レーストラック」を意味する言葉で、エンジンパワーをさらに向上、高性能さを想起させるパーツをいくつも採用されているモデルだ。

ベースとなるのはクローズドボディの595とオープンエアの595Cで、いずれも5速MTと5速AMTを用意されている。車両価格は328万円〜378万円で、合計240台限定。通常グレードに設定されていないボディカラー「Blu Podio」を採用し、さらにリップスポイラーやブレーキキャリパー、ドアミラーカバー、リアディフューザーといったパーツをイエローに塗装されて、アクセントカラーとなっている。

画像: 青のボディカラー「Blu Podio」に黄色のアクセントが、前後バンパーやドアミラーカバー、ブレーキキャリパーなどにいくつも配置されている。

青のボディカラー「Blu Podio」に黄色のアクセントが、前後バンパーやドアミラーカバー、ブレーキキャリパーなどにいくつも配置されている。

エンジンはベースモデル比で20ps増強されて165ps/210Nmを発生する1.4L 直4ターボ。さらにリアサスペンションにKONI製FSDショックアブソーバーを搭載するなど、走行性能を高められている。また「レコードモンツァ」と呼ばれるエキゾーストシステムによって、ドライブの楽しさを聴覚にも訴えかけてくる。

このほかにもマットブラック仕上げの17インチアルミホイール(タイヤサイズは205/40R17)を装備し、フルオートエアコンやリアプライバシーガラスなども特別装備し、外観のスポーティさと快適性も高められている。

ちなみに2020年3月、ベースとなるフィアット500の次世代モデルがEV(電気自動車)として発表されている。そのため、現行のフィアット500とアバルト595は近いうちに生産終了することも考えられる。となると今回の限定車発売が、エンジン搭載モデルを手に入れる数少ないチャンスとなるかもしれない。

アバルト 595 ピスタ 車両価格

595 ピスタ(5速MT):328万円(95台限定)
595 ピスタ(5速AMT):345万円(51台限定)
595C ピスタ(5速MT):361万円(61台限定)
595C ピスタ(5速AMT):378万円(33台限定)

アバルト 595 ピスタ(MT) 主要諸元

●全長×全幅×全高=3660×1625×1505mm
●ホイールベース=2300mm
●車両重量=1120kg
●エンジン=直4 DOHCターボ
●総排気量=1368cc
●最高出力=165ps/5500rpm
●最大トルク=230Nm/2250rpm(通常時210Nm/2000rpm)
●駆動方式=FF
●トランスミッション=5速MT
●車両価格(税込)=328万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.