2020年4月10日、アウディのファクトリードライバーであるマイク ロッケンフェラーが、「#RaceHome」と名づけられたバーチャルレースを立ち上げ、4月21日(日本時間22日早朝)よりシリーズを開幕すると発表した。このレースには世界中の一般ファンも参加できるという。

バーチャルDTMレース、4月22日早朝開幕

「#RaceHome」と名づけられたバーチャルレースは、新型コロナウィルス感染拡大のため中止されている実際のレースにかわって企画されたもので、PlayStation 4のゲーム「グラン ツーリスモSPORT」に収録されているAudi e-tron Vision Gran Turismoを使用、6人のアウディDTMドライバー(ロイック デュバル、ジェイミー グリーン、ニコ ミュラー、ロビン フラインス、レネ ラスト、マイク ロッケンフェラー)が、アウディブランドのファンやレースゲームのプロフェッショナルと対戦する。

第1戦は午後8時(日本時間4月22日午前3時)にスタート、第2戦以降は週1回のペースで開催される予定だという。

一般のファンがグリッドを獲得するためには、PlayStationネットワークのメンバーとなり、「#RaceHome」のサイトでAudi e-tron Vision Gran Turismoのデザイン(カラーリングやデカール)を制作、ゲーム上でハッシュタグ(#AudiTogether、#StayHome)を付けてゲーム上で公開する。その中からクリエイティブなデザインと認められた制作者がスターティンググリッドに並ぶことができる。この審査は6人のアウディDTMドライバーによって行われる。デザインコンテストの詳細については、bit.ly/RaceHomeDesignContest (英語のみ) にアクセスのこと。

このレースを企画した2013年のDTMチャンピオン、マイク ロッケンフェラーは「新型コロナウィルス感染拡大のため、現時点では実際のレースは行われていなませんが、その一方で、SimRacingは一大ブームとなっています。そこで、私たちは、独自の方法でレースを開催することにしました。#RaceHomeは、アウディの電気自動車のレースカーを使用するので、e-モビリティへの変革を進めているアウディの方針とも一致しています。家庭用ゲーム機を選択したのは、非常に大きなコミュニティにアクセスできるというメリットがあるからです」と語っている。

なお、「モータースポーツの世界には、突然収入を失い、困難な状況に陥っている関係者が多い」ことから、チャリティプロジェクトも立ち上げ、入札形式によるグリッドも設けることになっている。

「#RaceHome」チャリティレースシリーズのすべてのレースは、www.twitch.tv/visionrccoの無料ライブストリーミングチャンネルで見ることができる。開幕戦は4月21日午後8時(日本時間4月22日午前3時)から開催される。

画像: アウディのDTMドライバーがひとりずつこのバーチャルレースに参加する。

アウディのDTMドライバーがひとりずつこのバーチャルレースに参加する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.