2020年4月20日、ダイハツは新型軽クロスオーバー「タフト」の商品概要を公開した。タフトの正式発表は、2020年6月ごろの予定だ。

コンセプトは「毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」

東京オートサロン2020に参考出品されて人気を集め、その発売が心待ちにされているダイハツの軽クロスオーバー「タフト」。正式発表は6月ごろの予定だが、ダイハツから商品概要が公開されたので、紹介していこう。

画像: 高い地上高や大径タイヤも、レジャーに出かけてくなる頼もしさを感じさせてくれる。

高い地上高や大径タイヤも、レジャーに出かけてくなる頼もしさを感じさせてくれる。

タフト(TAFT)の車名は「Tough & Almighty Fun Tool」の略で、コンセプトは「日常からレジャーシーンまで大活躍する、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」だという(ただし、正式発表時には表現が変更される可能性もある)。

タフトならではの「楽しさ・わくわく」を感じさせるセールスポイントは、以下の3点だ。

1)タフさと力強さを感じさせるデザイン

スクエア基調なボディに高い地上高、大径タイヤにより、クロスオーバーらしいタフなイメージを醸し出し、道具感や安心感のような頼もしさも感じさせる。メッキのフロントグリルとリアガーニッシュからなるメッキパック(ディーラーオプション:タイトル写真の右)は、そんなタフトに上質感とクールさをプラスする。室内もドライバーを中心に機能パーツが配置され、収納エリアも多い。シートは前後で質感や色を変えるなど、後述する「バックパックスタイル」を強調している。

画像: 前席は人のためのクルースペース、後席は人や荷物に使えるフレキシブルスペースに分けたバックパック スタイル。

前席は人のためのクルースペース、後席は人や荷物に使えるフレキシブルスペースに分けたバックパック スタイル。

2)スカイフィールトップによる、気持ちが上がる運転視界

全グレードに、運転視界を景色に変える大きなガラスルーフの「スカイフィールトップ」を標準装備。UV/IRカットガラスを採用し、内側には手動で開閉できるシェードも備える。

画像: 運転視界を景色に変える大きなガラスルーフの「スカイフィールトップ」を全グレードに標準装備。

運転視界を景色に変える大きなガラスルーフの「スカイフィールトップ」を全グレードに標準装備。

3)日常からレジャーまでアレンジ自在なフレキシブルスペース

タフトは、前席は乗員のためのクルースペース、後席は自由に使えるフレキシブルスペースと、前後でインテリアのイメージを分けたバックパックスタイルを採用している。内装色も、後席は少し明るい。ラゲッジスペースはフレキシブルデッキを活用すれば、アレンジは自由自在だ。

画像: リアシートはさまざまなアレンジが可能。シートバックは汚れにくく、また拭き取りやすく加工されている。

リアシートはさまざまなアレンジが可能。シートバックは汚れにくく、また拭き取りやすく加工されている。

タフトはタント、ロッキーに次ぐDNGAプラットフォーム採用の第3弾。パワートレーンなどの詳細は未発表だが、タントで定評のあるエンジン(ターボ/ノンターボ)とCVTを採用することは間違いない。駆動方式はFFと4WDを設定し、ダイハツの安全運転支援システムであるスマートアシストも最新バージョンが搭載される。

最大のライバルは同じクロスオーバー軽のスズキ ハスラーだろうが、ハイト軽ワゴンやリッターカーなどからの乗り替えも期待されている。まずは、6月の正式発表を楽しみに待つことにしよう。

ダイハツ タフト 主要諸元

●全長×全幅×全高:3395×1475×1630mm
●最低地上高:190mm
●エンジン種類:直3 DOHC(ターボもあり)
●排気量:0.66L
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:FF/4WD
●タイヤサイズ:165/65R15

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.