2020年3月19日、三菱のスーパーハイトワゴン「eKスペース」が約6年ぶりにフルモデルチェンジされた。SUVテイストの「eKクロス スペース」も新設定されたが、ここでは中核モデルのeKスペース Gのディテールを写真で見ていこう。

三菱らしい飽きの来ないデザインと使い勝手の良さでライバルに挑む

2代目となるeKスペースは、2019年の東京モーターショーでSUVテイストのeKクロス スペースが、そして2020年の東京オートサロンでeKスペースも参考出品され、3月19日から発売された。

今回紹介するeKスペースは、ボディ同色のグリルが親しみやすさを感じさせる。ヘッドランプからボディサイドへのキャラクターライン、フローティングルーフ、上部に切れ上がるDピラーなどがエクステリアの特徴的なポイントだ。

インテリアは水平基調で前方視界が良く開放感もある。タッチパネル式オートエアコンやマルチインフォメーションディスプレイなども装備し、収納スペースも多い。インテリアカラーは、eKスペースがライトウオームグレー、eKクロス スペースがブラックとなる。

パワーユニットはマイルドハイブリッドのNAとターボを設定。ミッションはCVTで、4WDも設定される。高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」や予防安全技術「e-アシスト」も設定し、このクラスの絶対王者を維持するホンダ N-BOXに挑む。(写真:井上雅行)

eKスペース G 主要諸元

●全長×全幅×全高:3395×1475×1780mm
●ホイールベース:2495mm
●重量:950kg
●エンジン型式・種類:BR06型・直3 DOHC+モーター
●排気量:659cc
●エンジン最高出力:38kW<52ps>/6400rpm
●エンジン最大トルク:60Nm<6.1kgm>/3600rpm
●モーター最高出力:2.0kW<2.7ps>/1200rpm
●モーター最大トルク:40Nm<4.1kgm>/100rpm
●トランスミッション:CVT
●WLTCモード燃費:27.2km/L
●タイヤサイズ:155/65R14
●税込み車両価格:154万2200円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.