B+COMなどを販売するサイン・ハウスが、FANTIC・キャバレロシリーズやランブレッタの輸入・販売に続いて、台湾のバイクメーカー「SYM(エス・ワイ・エム)」の車両販売も開始! 驚きの低価格が魅力の「Orbit III」に続いて、今回新たに150スクーター「DRG BT」の国内発売を発表しました!

高速道路も乗れる158cc!シャープなルックスのデザインモチーフはドラゴン!

昨年2019年の12月からサインハウスが国内の取り扱いを再開した台湾のバイクメーカー「SYM」ですが、低価格が魅力のスクーター「Orbit III 50/125」に続いて、第二弾となる新型スクーター「DRG BT」の国内発売を発表しました!

画像: 高速道路も乗れる158cc!シャープなルックスのデザインモチーフはドラゴン!

このDRG BTは、本国台湾で2019年の発売以来、爆発的なヒットとなった158ccのミドルスクーターです。

画像1: 「DRG BT」ブラック

「DRG BT」ブラック

ひと目見たら忘れられないほどエッジの効いたシャープでアグレッシブな外観は、“イタリアの”ドラゴンをモチーフにしてデザインされました。

そんな欧州のドラゴンに連想されるワイルドな雰囲気によく似合う“スピード”や“力強さ”のイメージをデザインに組み込んだ、全く新しい158ccスクーターは、日本でも人気モデルになりそうですね。

「DRG BT」カラーバリエーション

「DRG BT」SPEC

全長×全幅×全高1990×735×1130mm
ホイールベース1380mm
最低地上高137mm
シート高803mm
車両重量132kg
エンジン形式水冷4ストSOHC単気筒
総排気量158cc
ボア×ストローク59.0×57.8mm
圧縮比11.2
最高出力10.92kW/8500rpm
最大トルク15.44N・m/5500rpm
燃料タンク容量7.4L
変速機形式CVT
キャスター角
トレール量
タイヤサイズ(前・後)120/70-13・130/70-13
ブレーキ形式(前・後)ディスク・ディスク
価格(税抜)40万9000円

DRGの車体には、スポーティなライディングに貢献するため、スクーターでは珍しく、水平に近いくらい斜めに傾いたセンターマウントのプリロード調整機構付きリアショックを採用していています。

それではディテールを細かく見て行きましょう。

「DRG BT」ディテール

画像: ヘッドライトやウインカー、ポジションランプはLEDライトを採用しています。

ヘッドライトやウインカー、ポジションランプはLEDライトを採用しています。

画像: エッジの効いたシャープでアシンメトリーなフルデジタルメーターには、デジタルタコメーターやフューエルメーターも備わっています。

エッジの効いたシャープでアシンメトリーなフルデジタルメーターには、デジタルタコメーターやフューエルメーターも備わっています。

画像: スマートフォンの充電などに便利なUSB電源も装備!

スマートフォンの充電などに便利なUSB電源も装備!

画像: 右グリップにはハザードランプスイッチやキルスイッチが備わっています。

右グリップにはハザードランプスイッチやキルスイッチが備わっています。

画像: コンパクトな車体ですがシート下スペースは大容量で、オープンフェイスヘルメットを入れてもレインウェアなどが入るほど余裕があります。

コンパクトな車体ですがシート下スペースは大容量で、オープンフェイスヘルメットを入れてもレインウェアなどが入るほど余裕があります。

画像: リアサスペンションはスポーティな走りに貢献する、センターマウント式(プリロード調整機構付き)リアショックを装備しています。

リアサスペンションはスポーティな走りに貢献する、センターマウント式(プリロード調整機構付き)リアショックを装備しています。

画像: 前後共に油圧式のディスクブレーキを採用し、ABSも標準装備されています。

前後共に油圧式のディスクブレーキを採用し、ABSも標準装備されています。

画像: SYM独自の特許を取得したショートサイレンサー。軽量ホイールに片持ちスイングアームの組み合わせ。

SYM独自の特許を取得したショートサイレンサー。軽量ホイールに片持ちスイングアームの組み合わせ。

SYMの実車が見られる「サイン・ハウス」ショールーム

画像1: SYMの実車が見られる「サイン・ハウス」ショールーム

SYMの車両は世田谷区尾山台の環状八号線沿いにある「サイン・ハウス」ショールームで見ることができます。

過去に販売されてきたモデルの部品供給やアフターサービスも行われる予定ですので安心ですね。是非、一度足を運んで見て下さい。

画像2: SYMの実車が見られる「サイン・ハウス」ショールーム

サイン・ハウス公式ホームページ

サイン・ハウス取り扱い車両の関連記事はこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.