新型コロナウィルスの影響で、劇場公開が5月22日(金)に延期となった『ホドロフスキーのサイコマジック』が、本来の公開日4月24日(金)より「寄付込みオンライン先行上映」を行うことが決定した。

家にいながら映画を楽しめ、全国の映画館を支援できる

『ホドロフスキーのサイコマジック』オンライン映画館は、全国で『ホドロフスキーのサイコマジック』を上映予定の映画館が一体になった仮想空間。家にいながらも映画を楽しめ、全国の映画館を支援できる 「寄付込みオンライン先行上映」となる。

アップリンクの運営するオンライン映画館「アップリンク・クラウド」にて期間限定でストリーミング配信され、映画館への支援としてオンライン映画館での売上から、本作の上映を予定している全国の映画館へ均等に分配される。

また同日より、本作の公開を記念したオリジナルグッズをオンラインで先行販売。『ホドロフスキーのサイコマジック』のタイトルロゴがあしらわれたTシャツに加えて、本作にも登場する『エル・トポ』『ホーリー・マウンテン』のTシャツとトートバッグ、そして全15種のシークレット缶バッジが取り揃えられている。

『ホドロフスキーのサイコマジック』は御年91歳の名匠アレハンドロ・ホドロフスキー監督の集大成的作品。「サイコマジック」とはホドロフスキーが考案した心理療法で、本作では自身のこれまでの作品での映像表現が、いかに「サイコマジック」という技法によって貫かれているかを解き明かしていく。

実際にホドロフスキーのもとに悩み相談に訪れた10 組の人々が出演し、「サイコマジック」がどのように実践され、作用しているのかを描く。ホドロフスキーは、自身をフロイトと対置した上で、「サイコマジック」は科学が基礎とされる精神分析的なセラピーではなく、アートとしてのアプローチから生まれたセラピーであると語る。長年にわたり個人のトラウマに応答する一方、本作後半で社会的な実践「ソーシャル・サイコマジック」を展開する様子は圧巻だ。

画像: 家にいながら映画を楽しめ、全国の映画館を支援できる

『ホドロフスキーのサイコマジック』【寄付込みオンライン先行上映】

■期間:2020年4月24日(金)14:00~5月21日(木)14:00
■取り扱い:アップリンク・オンライン・マーケット

https://uplink-co.square.site/psychomagic

■参加映画館:アップリンク渋谷(東京)、アップリンク吉祥寺(東京)、新宿シネマカリテ(東京)、シネマ・ジャック&ベティ(神奈川)、あつぎのえいがかんkiki(神奈川)、シネマアミーゴ(神奈川)、シネマテークたかさき(群馬)、シアターキノ(北海道)、名古屋シネマテーク(愛知)、静岡シネギャラリー(静岡)、ほとり座(富山)、松本シネマセレクト(長野)、シネ・リーブル梅田(大阪)、アップリンク京都(京都)、元町映画館(兵庫)、横川シネマ(広島)、KBCシネマ(福岡)
※参加映画館は随時追加となる。

ホドロフスキーのサイコマジック
2020年5月22日(金)、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
配給:アップリンク
©SATORI FILMS FRANCE 2019 ©Pascal Montandon-Jodorowsky

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.