2020年4月16日、三菱自動車はグローバルコンパクトカーのミラージュの内外装を一新し、予防安全装備を強化するなど、大幅な改良を行ったと発表した。車両価格は143万2200円から156万9700円。

スクエアなラインでシャープに

三菱 ミラージュは日本だけでなく、欧州、米国、タイをはじめ、世界約 70カ国以上で販売されるグローバルで、累計世界販売台数は約 67 万台という人気モデルとなっている。

現行型のミラージュは1.2L エンジンを搭載した 5ドア 5人乗りのコンパクトハッチバックだが、今回、そのデザインを一新するとともに、 予防安全装備を強化するなど、大幅な改良を受けることになった。

具体的には、フロントフェイスに最新のデザインアイコン「ダイナミックシールド」を採用してイメージをスポーティなものに一新。リアに はL字型 LED コンビネーションランプと縦型リフレクターを新たに組み込んでワイド感と安定感のあるものとしている。また、これにあわせて新デザインの15インチアルミホイールを組み合わせている。

インテリアにも手が加えられ、新デザインのメーターパネルをカーボン調のものとし、シート生地を変更。さらにアームレストを上質なファブリックとするなど、質感の向上が図られた。

画像: インテリアの変更点は、新デザインのメーターパネルと素材の変更による質感の向上が大きなポイント。

インテリアの変更点は、新デザインのメーターパネルと素材の変更による質感の向上が大きなポイント。

予防安全装備の強化も今回の改良の大きなポイントで、衝突被害軽減ブレーキシステムに歩行者検知機能を追加。さらに前方車両に対する作動速度を5〜80km/h に拡大したほか、車線逸脱警報システムやオートマチックハイビーム、雨滴感応オートワイパーを全車に標準装備した。さらに、Gグレードにはクルーズコントロールを標準装備している。これらにより、新型ミラージュは国が推奨する新しい自動車安全コンセプト「サポカーS ワイド」に該当することになる。

ボディカラーはホワイトダイヤモンドとサンドイエローメタリックの2色を新たに設定し、全8色の展開。車両価格は、Mグレードが143万2200円、Gグレードが156万9700円となる。

画像: フロントとともに、リアのデザインも変更。 L 字型に均一に光る面発光タイプの LED コンビネーションランプとバンパーコーナー部に配されTた縦型リフレクターで安定感のあるものに。

フロントとともに、リアのデザインも変更。 L 字型に均一に光る面発光タイプの LED コンビネーションランプとバンパーコーナー部に配されTた縦型リフレクターで安定感のあるものに。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.