『レジェンド バイクス KAWASAKI Z900RS』(Motor Magazine Mook)より、Z900RSのカスタムバイクを紹介します!

ストライカーワークスの「Z900RS」用パーツは、個別でもまとめても楽しめる!

ストライカーブランドによる各種フルエキゾーストやGストライカースイングアームなど、Z900RSにも大物パーツをいち早く手がけてきたカラーズインターナショナル。そのアンテナショップ、ストライカーワークス(ストライカーシステムヨコハマが改称)のパーツ開発車にしてデモ車だ。

まず注目したいのはセパレートハンドルキット。垂れ角と高さを4ポジション変更可能で肉抜きタイプアッパーブラケットも組み合わせている。きつくはないスポーティポジションを得ると同時にフロント荷重を増やし、Z900RSを扱いやすくしてくれる。

画像1: ストライカーワークスの「Z900RS」用パーツは、個別でもまとめても楽しめる!

人気のステップキットは従来品よりもヒールガードが広めになった。ストリートコンセプト・フルエキゾーストはマットブラック仕上げのチタンブラックラインを装着し、SAD(ストライカーエアロデザイン)カーボンフロント&リヤフェンダー、同ラジエーターシュラウドも装着。

前後サスはノーマルをベースに同社代表の新 辰朗さんが乗り込んでストリート向けのセッティングを吟味してスクーデリアオクムラでMEチューニングしている。

画像2: ストライカーワークスの「Z900RS」用パーツは、個別でもまとめても楽しめる!

カラーズインターナショナルではこれでフレームとエンジン以外でボルトオン可能な部分へのパーツが揃えられた。これを活用し、同店では19年夏からコンプリート車両「SZ-019」の製作オーダーを始めた。

20年初頭で6台目を製作中で発展性やバリエーションもあるこの構成、パーツのそれぞれと合わせて要注目なのだ。

STRIKER WORKS Z900RS 詳細説明

画像: G-STRIKER Z900RS セパレートハンドル(単品 税別4万3000円)はストリートHi(標準)/Low、レーシングHi/Lowの4ポジションで開き角と上下は自由、垂れ角ストリート0度/レーシング5度が選べるジュラルミン製ハンドル。 この車両では「G-STRIKER Z900RS アルミビレットステムキット(税別14万5000~15万5000円)」と組み合わされる。このステムはGILDdesignとストライカーがコラボレートしてA2017削り出しで製作。フォークピッチ210mm×オフセットはノーマルに同じ35mだ。

G-STRIKER Z900RS セパレートハンドル(単品 税別4万3000円)はストリートHi(標準)/Low、レーシングHi/Lowの4ポジションで開き角と上下は自由、垂れ角ストリート0度/レーシング5度が選べるジュラルミン製ハンドル。

この車両では「G-STRIKER Z900RS アルミビレットステムキット(税別14万5000~15万5000円)」と組み合わされる。このステムはGILDdesignとストライカーがコラボレートしてA2017削り出しで製作。フォークピッチ210mm×オフセットはノーマルに同じ35mだ。

画像: リヤのSADカーボンフェンダーは純正スイングアームにも対応しノーマルから250mm延長され泥・水跳ねを軽減。180/60サイズタイヤもOK。

リヤのSADカーボンフェンダーは純正スイングアームにも対応しノーマルから250mm延長され泥・水跳ねを軽減。180/60サイズタイヤもOK。

画像: ステップはストライカーSTC(スポーツツーリングコンセプト)4ポジション(税別5万8000円)。A2017製で20×20(mmバック/アップ、以下同)、20/30、30/20、30/30を選択可能。

ステップはストライカーSTC(スポーツツーリングコンセプト)4ポジション(税別5万8000円)。A2017製で20×20(mmバック/アップ、以下同)、20/30、30/20、30/30を選択可能。

画像: フロントキャリパーは純正流用ブレンボでフロントフェンダーはSADカーボン。

フロントキャリパーは純正流用ブレンボでフロントフェンダーはSADカーボン。

画像: ラジエーターシュラウドもSADカーボンを採用。

ラジエーターシュラウドもSADカーボンを採用。

画像: サスペンションは前後ともストリートでの乗りやすさを新さんが指示してスクーデリアオクムラによるMEチューニングを施し、Z900RSというバイクを操りやすくしている。

サスペンションは前後ともストリートでの乗りやすさを新さんが指示してスクーデリアオクムラによるMEチューニングを施し、Z900RSというバイクを操りやすくしている。

画像: G-STRIKER スイングアーム(18万円[バフ]/21万円[セラコート])も装備(写真はSZ-019/装着車)。95×40mmの2.5mm厚7N01材製オリジナル異型目の字断面製、純正長で純正ホイール/純正リヤキャリパー/サポートに対応、アクスルも純正を再利用できる。

G-STRIKER スイングアーム(18万円[バフ]/21万円[セラコート])も装備(写真はSZ-019/装着車)。95×40mmの2.5mm厚7N01材製オリジナル異型目の字断面製、純正長で純正ホイール/純正リヤキャリパー/サポートに対応、アクスルも純正を再利用できる。

画像: チタン4-1(JMCA認証)マフラーも筒型サイレンサーやインターモデルサイレンサーなどを用意。人気はブラック/筒型とも聞く。

チタン4-1(JMCA認証)マフラーも筒型サイレンサーやインターモデルサイレンサーなどを用意。人気はブラック/筒型とも聞く。

取材協力:ストライカーワークス

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

レジェンド バイクス KAWASAKI Z900RS (Motor Magazine Mook)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.