2020年4月9日、シトロエンブランドを擁するグループPSAジャパンは、「C5 エアクロスSUV(CITROEN C5 AIRCROSS SUV)」のガソリン仕様車を追加発売した。

レスポンスの良いツインスクロールターボを採用

1919年に創業したシトロエンがネクストセンチュリーの第1段として発表したのが、ブランド初のSUV「C5 エアクロス」だった。画像で見ると全高の1710mmという高さもあって、実際のサイズよりも大きく感じてしまうが、実は全長4500mmというCセグメントにあたるコンパクトなボディをもったSUVである。

しかも、シトロエンは戦前から現代にいたるまで「コンフォート」を実現すべく革新的な技術を用いてきたが、C5エアクロスSUVではサスペンションにPHC(プログレッシブ・ハイドローリック・クッション)を採用し、魔法の絨毯のような乗り心地「Magic Carpet Ride」を実現している。SUVとしては珍しい、快適性・コンフォートをウリにしたモデルである。

ちなみに、PHCはダンパーシリンダー内にセカンダリーダンパーシリンダーを備える構造で、ダンパーインダンパーとも言われる純メカニカルなシステム。セカンダリーダンパーにはその内径にあったセカンダリーピストンが存在し、ストロークが進むことで減衰力として作用する、位置依存型(ポジション・センシティブ)ダンパーだ。

画像: C5 エアクロスSUVは、PHC(プログレッシブ・ハイドロリック・クッション)の採用によって悪路でも高い快適性を発揮するという。

C5 エアクロスSUVは、PHC(プログレッシブ・ハイドロリック・クッション)の採用によって悪路でも高い快適性を発揮するという。

C5エアクロスSUVは2019年5月に日本で発売された当初、2L直4ディーゼルターボエンジン(177ps/400Nm)を搭載した「シャイン ブルーHDi」のみのラインアップであったが、デビューから1年近く経過した2020年4月9日、ガソリンエンジンを搭載した「シャイン(SHINE)」が発売された。

搭載されるのは4気筒の1.6Lターボエンジンで180ps/250Nmを発生する。ガソリンエンジンであることや、ツインスクロールターボを採用したことによって低回転域からでもハイレスポンスなフィーリングを実現したという。

ディーゼルモデルと比較して、パワートレーン以外で装備するパーツに違いはなく、車両価格は409万円となる。これは「シャイン ブルーHDi(431万9000円)」より約23万円リーズナブルな設定だ。

また、C5エアクロスSUVにはこれまでオールシーズンタイヤの235/55ZR18サイズが装着されてきたが、今後はディーゼル/ガソリン両モデルにおいてサマータイヤの「225/55ZR18」を純正装着するように変更される。快適性や静粛性、さらには燃費性能の向上も期待される。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.