タムロンはフルサイズミラーレス一眼、そにーEマウント用の望遠ズームレンズ、70-180mm F/2.8 Di III VXD(Model A056)を2020年春に発売すると発表した。価格は15万円(税別)。

この70-180mm F/2.8 Di III VXD(Model A056)レンズは、すでに発売されているフルサイズ対応ソニーEマウント用の17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)、28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)と同じくフィルター径67mmとコンパクトな設計の望遠ズーム。これでタムロンの大口径F2.8の大三元ズームが揃うことになる。
望遠端を180mmとすることで、全長149mmと高い携行性を維持し、最大径81mm、重さも810gと小型・軽量を実現している。
レンズ構成は14群19枚でXLDレンズとLDレンズを6枚、GM非球面レンズと複合非球面レンズを3枚採用し、高い解像性能と色収差を抑えた描写となる。また最短撮影距離はズーム全域85cmと短く、テレ端で最大撮影倍率0.21倍の撮影が可能。さらにマニュアル時のみだが、ワイド端では27cmの近接撮影もできる。(ただし、周辺部では画質が低下する)。
簡易防滴構造や瞳AF、カメラ内レンズ補正などにも対応している。
実写レポートは月刊カメラマン5月号で掲載予定。

画像: タムロン、フルサイズミラーレス用大三元ズームの望遠ズーム
70-180mm F/2.8 Di III VXD(Model A056)発売
画像: 70-180mm F/2.8 Di III VXD(Model A056)のレンズ構成図

70-180mm F/2.8 Di III VXD(Model A056)のレンズ構成図

70-180mm F/2.8 Di III VXD(Model A056)

●焦点距離:70-180mm
●レンズ構成:14群19枚(XLDレンズ1枚、LDレンズを5枚、GM非球面レンズ1枚、複合非球面レンズ2枚)
●マウント:Eマウント
●最小絞り:F22
●絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
●最短撮影距離:85cm(ズーム全域)、27cm(70mm、MF時)
●最大撮影倍率:0.21倍(AF時)/0.5倍(MF時)
●フィルター径:φ67mm
●大きさ:φ81×149mm
●重さ:810g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.