2020年4月6日、ホンダは軽乗用車の「N-BOX」シリーズが2019年度の新車販売台数(登録車を含む)で、第1位を獲得したと発表した。(タイトル写真は左がN-BOX、右がN-BOX カスタム)

軽自動車販売台数では5年連続の首位

N-BOX(エヌ ボックス)は、ホンダのスーパーハイト軽ワゴンだ。初代は2011年12月に発売され、現行型は2017年8月に発表された2代目にあたる。現行型も初代からのキープコンセプトで、軽自動車という限られたサイズの中で最大限の居住性と荷室スペースを実現して好評を博している。

画像: N-BOX G・L ホンダセンシングのインテリア。

N-BOX G・L ホンダセンシングのインテリア。

N-BOX+(2017年8月販売終了)やN-BOX スラッシュ(2020年2月販売終了)を含むN-BOX シリーズの2019年度(2019年4月〜2020年3月)における販売台数は24万7707台となり、登録車を含む新車販売台数において第1位を獲得した。新車販売台数においては3年連続、軽自動車の新車販売台数においては5年連続の首位獲得となる。

ちなみに、2019年12月には累計販売台数は160万台を達成し、通年の新車販売台数においては3年連続、軽自動車の新車販売台数においては5年連続の首位を獲得している。

N-BOXは、軽乗用車で最大級(2019年10月時点ホンダ調べ、室内長×室内幅×室内高に基づく)の室内空間や、存在感のあるデザインに加え、先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全タイプに標準装備(一部のタイプでは非装備仕様も選択可)したこと、優れた走行性能や燃費性能などが、人気の要因となっているようだ。

画像: N-BOX G・L ホンダセンシングのリアビュー。

N-BOX G・L ホンダセンシングのリアビュー。

なお、乗用車(軽自動車を除く)新車販売台数と軽自動車の新車販売台数ベスト10は、以下のとおり。

■乗用車 新車販売台数 ベスト10

1位:トヨタ カローラ=11万4358台(前年比121.1%)
2位:トヨタ プリウス=11万3361台(98.5%)
3位:トヨタ シエンタ=10万8067台(112.6%)
4位:日産 ノート=10万5908台(80.4%)
5位:トヨタ ルーミー=9万2890台(107.2%)
6位:トヨタ アクア=9万1322台(71.4%)
7位:ホンダ フリード=8万4407台(100.9%)
8位:日産 セレナ=8万4051台(84.0%)
9位:トヨタ ヴォクシー=8万1949台(91.1%)
10位:ホンダ フィット=7万6101台(88.6%)

■軽自動車 新車販売台数 ベスト10

1位:ホンダ N-BOX=24万7707台(前年比103.3%)
2位:ダイハツ タント=17万2679台(121.1%)
3位:スズキ スペーシア=15万9799台(100.9%)
4位:日産 デイズ=15万4881台(110.6%)
5位:ダイハツ ムーヴ=11万8675台(89.7%)
6位:ダイハツ ミラ=8万5288台(76.3%)
7位:スズキ ワゴンR=7万8582台(76.6%)
8位:スズキ アルト=7万2162台(95.6%)
9位:スズキ ハスラー=6万2831台(97.5%)
10位:三菱 eK=4万2181台(93.0%)

登録車では、トヨタ車がトップ3を占め、ベスト10でも6台を占めている。2019年度にニューモデルとして登場したヤリスは42位(ヴィッツは14位)、ライズは17位だったが、2020年度は大きく躍進するのではと思われる。軽自動車ではスーパーハイト軽ワゴンが上位を占めているが、フルモデルチェンジしたハスラーが2020年度はどこまで伸びるか、今後のランキングにも注目していきたい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.