独自発想とNC削り出しで供給される多彩なパーツ

自社内のNCマシニングセンタによる高質なアルミ削り出しパーツを多くの車種向けに展開するアグラス。スズキ系に強い一面もあって、新型スズキKATANA用のパーツ群も夏から次々リリースされた。その最大の注目は、ハンドルキット、そして同社が得意とするエンジンスライダーだろう。

ハンドルはトップブリッジ含めてA2017材からの削り出し品。複数のピースを組み合わせる構造だ。装着写真をよく見ると、十分な強度を質感を持たせつつ、干渉しそうな箇所に逃げを持たせている点にも気づく。

画像: 独自発想とNC削り出しで供給される多彩なパーツ

「これはKATANAリリース前から『ほしい人が多いかな』と案を練って、その発売直後から実際にどう作れるか、あれこれ試していきました。タンクカバーが高めだったり、意外に干渉してしまう箇所も多くて、なかなかスペースが取れなかったのが難しかったです。一時は干渉を防ぐために切れ角を抑えてハンドルストッパーや専用のハンドルロックも付属させようかと考えましたが、価格も上がりますし、何より、ハンドル切れ角は多い方がバイクの取り回しがしやすい。ですから、ノーマルの切れ角を残すように工夫しました。治具も作って、以前作った製品のジャンク品を加工して付けてみたりしてデータを作り、それでこのトップブリッジとハンドルができたんです」とアグラスの開発担当・久保山さん。

位置としてはノーマルから少し車体前方、少し下で、垂れ角は約10度。KATANAのサイバーチックなデザインと削り出しの質感がうまくマッチした感もあるし、この位置は魅力的でもある。

またエンジンスライダーも、アグラスの定番。左右が異なるエンジン外観にそれぞれ合わせたデザインでA2017製ベースを削り出してバフ加工した上にアルマイト仕上げ。その上にポリアセタール樹脂のスライド部をマウントする作りは従来から一貫したもので、ルックスもアップする。

「KATANAではエンジンマウント前/上をつなぐデザインでフレーム補強の役割も持たせました」(久保山さん)とのことだが、このデザインは新鮮に感じられる。

ほかにも定番のステップや、ヘルメットホルダーも設定。このように多彩に用意される、高質で“使える”アグラスのパーツ群、KATANAにも見ての通り良好にマッチングしている。

Detailed Description 詳細説明

画像1: Detailed Description 詳細説明
画像: 「セパレートハンドルKIT」(9万5000円+税)はセパレートハンドル/トップブリッジ/センターナットのセットで、ケーブル類は純正が使える配慮もなされる。

「セパレートハンドルKIT」(9万5000円+税)はセパレートハンドル/トップブリッジ/センターナットのセットで、ケーブル類は純正が使える配慮もなされる。

画像: 「ラジエターコアガード」(2万8000円+税)はステンレス材をエッチング仕上げし、飛び石等からラジエーターコアを保護する。写真のAタイプ=AGRASロゴ入りと、Bタイプ=同ロゴなしの設定があり、価格はどちらも同じ。

「ラジエターコアガード」(2万8000円+税)はステンレス材をエッチング仕上げし、飛び石等からラジエーターコアを保護する。写真のAタイプ=AGRASロゴ入りと、Bタイプ=同ロゴなしの設定があり、価格はどちらも同じ。

画像: 「レーシングスライダーφ60 エンジンハンガータイプ(アルミベース+ジュラコン)」(2万6000円+税)は削り出しアルミベース+ジュラコン製スライダーで左右セット販売品。ホワイトとブラックがあり、径違いでひとまわり小ぶりな「φ50」(2万3500円+税)もラインナップされる。

「レーシングスライダーφ60 エンジンハンガータイプ(アルミベース+ジュラコン)」(2万6000円+税)は削り出しアルミベース+ジュラコン製スライダーで左右セット販売品。ホワイトとブラックがあり、径違いでひとまわり小ぶりな「φ50」(2万3500円+税)もラインナップされる。

画像: 「レーシングスライダー クラッチ タイプ2(アルミベース+ジュラコン)」(2万9500円+税)は、エンジン右側のクラッチカバーボルトと共締めして装着するスライダーだ。ベースはアルミ削り出しで、スライダー本体はジュラコン製(ホワイト/ブラックが選択可能)。

「レーシングスライダー クラッチ タイプ2(アルミベース+ジュラコン)」(2万9500円+税)は、エンジン右側のクラッチカバーボルトと共締めして装着するスライダーだ。ベースはアルミ削り出しで、スライダー本体はジュラコン製(ホワイト/ブラックが選択可能)。

画像2: Detailed Description 詳細説明
画像: 「バックステップ」(7万4000円+税)はノーマルのブレーキスイッチがそのまま使える。後ろ×上で①0×35 ②0×45 ③10×35 ④10×45(㎜)の4ポジションから好みのステップ位置を選ぶことが可能だ。

「バックステップ」(7万4000円+税)はノーマルのブレーキスイッチがそのまま使える。後ろ×上で①0×35 ②0×45 ③10×35 ④10×45(㎜)の4ポジションから好みのステップ位置を選ぶことが可能だ。

画像: 「ヘルメットホルダー」(1万円+税)は、アルミ削り出しの専用ステーとヘルメットロックのセットでタンデムステーの付け外しも可能となっている。アルミステー部分はシルバーorブラック、ヘルメットロックのカラーもめっきorブラックがある(都合4通りから選べる)のだ。

「ヘルメットホルダー」(1万円+税)は、アルミ削り出しの専用ステーとヘルメットロックのセットでタンデムステーの付け外しも可能となっている。アルミステー部分はシルバーorブラック、ヘルメットロックのカラーもめっきorブラックがある(都合4通りから選べる)のだ。

取材協力:アグラス

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.