2020年4月3日、マツダは、創立100周年を記念する特別装備を採用した「100周年特別記念車」を国内で販売する登録乗用車全車種に設定し、2021年3月末までの期間限定で販売。全国のマツダ販売店を通じて予約受注を開始した。

マツダの登録乗用車全車種に設定

マツダの前身である東洋コルク工業株式会社は、1920年(大正9年)1月に広島で設立された。つまり、2020年は創立100周年にあたる。これを記念して今回予約受注が開始された特別記念車は、「これまでマツダを支えてくださったみなさまへの感謝とともに、創立時からの『人々の生活を豊かにする』という志を継承し、クルマづくりの原点を忘れないという思いを込めたクルマ」であるという。

マツダが初めて発売した乗用車は、1960年の「R360クーペ」。マツダのクルマづくりの原点ともいうべきクルマに込められた想いを、これからも受け継いでいくことを誓って、特別記念車にはR360クーペの象徴的な2トーンカラーをモチーフとした赤と白のコーディネーションや、100周年のスペシャルロゴをあしらった特別な装備を内外装に施している。

画像: R360クーペ(写真右)とロードスター特別記念車。

R360クーペ(写真右)とロードスター特別記念車。

■100周年特別記念車の概要(ベース車に対して追加される主な特別装備)

●フロアマット(創立100周年記念バッジ付き)
●ヘッドレスト(創立100周年スペシャルロゴ刻印)
●フロアカーペット(バーガンディ)
●キーフォブ(創立100周年スペシャルロゴ刻印&100周年専用化粧箱入り)
●センターホイールキャップ(創立100周年スペシャルロゴ付き)
●創立100周年記念バッジ(フロントフェンダー部)
●エクステリアカラー:スノーフレイクホワイトパールパイカ
●ソフトトップカラー(ロードスターのみ):ダークチェリー

予約受注は、2020年4月3日から。受注締切は2021年3月末まで。なお、マツダ6の予約受注開始は、5月以降を予定している。

発売時期は、マツダ2/マツダ3/CX-3は2020年6月以降、CX-30/CX-5/CX-8/ロードスター/ロードスター RFは2020年7月以降、マツダ6は2020年9月以降となっている。

主な車両価格(税込)は、以下のとおりだ。

●マツダ2:15S(FF/6MT&6AT)=231万円〜XD(4WD)=277万7500円
●CX-3:20S(FF)=291万600円〜XD(4WD)=341万5800円
●マツダ3 ファストバック:15S(FF/6MT&6AT)=289万3869円〜X(4WD/6MT&6AT)=394万343円
●マツダ3 セダン:20S(FF)=302万1436円〜X(4WD)=394万343円
●CX-30:20S(FF/6MT&6AT)=311万7380円〜X(4WD/6MT&6AT)=403万6980円
●CX-5:25T(FF)=385万円〜XD(4WD/6MT&6AT)=408万6500円
●CX-8:25S(FF)=438万6800円〜XD(4WD)=500万600円
●ロードスター(ソフトトップ):6MT=327万9100円〜6AT=339万4600円
●ロードスター RF(リトラクタブル ハードトップ):6MT=384万5600円〜6AT=387万3100円

画像: 100周年記念スペシャルロゴと特別記念車(海外仕様)。

100周年記念スペシャルロゴと特別記念車(海外仕様)。

なお、この100周年特別記念車は、より多くのユーザーに選んでもらえるよう、グローバルに順次導入していく予定だ。特別記念車の詳細に関しては、スペシャルサイトを参照されたい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.