ネオクラ・フルフェイス「ラパイド・ネオ」に絶妙マッチしたビル群のアート

アライヘルメットがネオクラシックフルフェイス「ラパイド・ネオ」の〈2020デザイナーズシリーズ〉を発表しました。

そのうちのひとつがこの「RAPIDE NEO ROARS」(ラパイド・ネオ・ロアーズ)。

グラフィックのデザインを担当したのは「ロアーズ オリジナル」。東京西麻布に店舗を構える、おしゃれライダーには言わずと知れたバイクアパレルブランドです。

「モーターサイクル ファッション アート」の融合を掲げて、これまでに独創的なライダースジャケットなど数々の固有のアイテムを生み出してきました。

ラパイド・ネオ・ロアーズのグラフィックも、まさにそんなブランドならではのデザインに仕上がっています。

画像1: ネオクラ・フルフェイス「ラパイド・ネオ」に絶妙マッチしたビル群のアート

ホワイトのベースカラーに描かれたビル群。廃墟とも思えるそのイラストは見れば見るほど引き込まれます。

モノトーンで統一された色使いに好感を持つ人も多いでしょう。ロアーズオリジナルの革ジャンとはもちろん、こだわりのカスタム車との相性もよさそうです。

発売時期は未定、予定価格は税別54,000円。詳細な情報が入り次第、再度お伝えします!

まとめ:西野鉄兵

画像2: ネオクラ・フルフェイス「ラパイド・ネオ」に絶妙マッチしたビル群のアート
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.