情報提供●ミスターバイクBG

ミスター・バイクBG タイムスリップシリーズ第2弾!『ニッポンのナナハン 70~80's空冷編』

かつて“ナナハン”は憧れであった。

ナナハンは、国内で乗ることが出来る最大排気量だった。この呼び名はホンダの世界戦略車であり初めてその目標を達成した、1969年登場のCB750FOURに由来する。当時の広告には「いま、受け止めたG。これが、これこそが〝ナナハン〟のフィーリングなのか。新しい動感の体験」とあり、CB750FOUR=ナナハンと呼ばれるようになったのだ。以前にも750cc相当のモデルはあったものの、初の日本製直列4気筒エンジンを搭載した世界最速モデル=CB750FOURはかつてない衝撃だった。

もちろん、この現象に他社が黙っているはずはなかった。海外用としてはリッターモデルをデビューさせ、日本国内では排気量を750ccまでと自主規制した上で、独自性を出したモデルが次々と登場していったのだ。

メーカーとして覇権を争う上で、新たなメカニズムの多くは大型車に真っ先に投入されたと言って良い。求める絶対性能や個性が新たな世代となり、牽引していった。日本国内ではナナハンが最先端であり、様々なモデルが時代を彩ってくれた。

メーカーの姿勢の象徴的な存在でもあるナナハン。その魅力の深い部分は何なのか。『ニッポンのナナハン』では1980年代中期の空冷エンジンモデルまでについて、改めてご紹介したい。

発行:モーターマガジン社
編集:ミスター・バイクBG編集部
定価:本体1682円+税

永遠のナナハンCB750FOURの系譜

・その進化と、貫き通した哲学 HONDA CB750FOUR K0/K1/K2/K4
・荒々しさと繊細さが共存するK0の世界/華麗なるFOUR一族・K4

画像1: 永遠のナナハンCB750FOURの系譜
画像2: 永遠のナナハンCB750FOURの系譜

CB750FOURは、1969年登場のK0から1976年登場のK6まで、その姿を大きくは変える事なくモデルチェンジを果たした。現在の人気度(市場価格)を見ると、最初期型であるK0を筆頭にK2まで大人気。K4以降は比べると若干落ち着いているといえる。ではそれぞれのモデルに大きな違いはあるのか。実際に同じ場所に集め、乗り比べてみた。

ナハハン“Z”の愉悦

・KAWASAKI 750RS/Z750FOUR/Z750FX その個性を楽しむ

画像1: ナハハン“Z”の愉悦
画像2: ナハハン“Z”の愉悦

750RSは「ゼッツー」「ゼットツー」の愛称で呼ばれた。ナナハンクラスの人気と共に多くのカスタムパーツが市場に出始めた時、元々Z1と同じ車体の750RSは「Z1に迫る性能に出来る」素材としても人気を博していった。それだけ潜在能力に余裕があったのだ。

“既存”を讃え“新しきもの”に挑戦する

・まろやかな独自の世界がある SUZUKI GS750〔Ⅱ〕
・時代の境目に出来上がった完成形 SUZUKI GSX750S

画像1: “既存”を讃え“新しきもの”に挑戦する
画像2: “既存”を讃え“新しきもの”に挑戦する

スズキはまずお家芸である2ストロークでナナハン(GT750)を作った。そして遂に、自社初の4ストローク4気筒モデルであるGS1000/750の開発に着手した。CB、Z の後だけに、この2台を充分に研究した。特に「これからはDOHCだ」とZに対してはかなり意識し、開発における一つのテーマとして、当時から賞賛されていたZの耐久性を『上回るものを』が掲げられた。

音叉の美学

・ツインの常識を変えた!YAMAHA TX750
・独創性と走る機能の両立 YAMAHA GX750
・先見の「コンパクトさ」YAMAHA XJ750E

画像1: 音叉の美学

フューエルタンクからシートエンドまで伸びた直線。タンク上部では曲線。前傾したシリンダーから伸びたマフラーは、車体内側へ追い込みつつもエンド部で跳ね上がる。アルミリムを採用した足周りは、キリッと引き締まっている。車体はナナハンとしては大きくない。どこか柔らかい姿でもある。

画像2: 音叉の美学

だが、引き締まった雄々しさもしっかりと出している。ヤマハロードスポーツのスタイル。この姿は後のSR等にも引き継がれたといえるが、フラッグシップモデルとしては「全く別の」フォルムとなっていった。それはエンジンも然り、だった。ヤマハは、同じであり続ける事を是としなかった。

マッハの神話を受け継ぐ者

・Kawasaki 750SS H2/750SS H2A
・腰下から沸き上がってくる躍動 Kawasaki 750SS H2C

画像1: マッハの神話を受け継ぐ者
画像2: マッハの神話を受け継ぐ者

既に発売されていたホンダCB750FOUR に、同じ750cc という舞台で対抗、そして1970年代当時、アメリカで人気を集めていたAMA のフォーミュラ750レースに参戦する意味合いもあり、500ccのH1の上級モデルが必要なために開発がスタート。「量産車で最高の性能を発揮する」ことを目標に軽量化を図ったことからセルモーターは省かれ、最高速度203km/h、0-400m 加速12.0秒の俊足マシンが出来上がった。発売当時世界最速!

その他、“ナナハン”も魅力をじっくりお楽しみください。

画像1: その他、“ナナハン”も魅力をじっくりお楽しみください。
画像2: その他、“ナナハン”も魅力をじっくりお楽しみください。

●概念を一新する傑作
堂々たる2ストロークという存在感SUZUKI GT750

●ナナハン第三世代
まさに次世代の速さ!HONDA CBX750F
絶妙なバランスの走りSUZUKI GSX750SⅢ
個性を主張するパフォーマンスKAWASAKI GPz750

● 650ccバーチカルツインの世界
“奏でる”ことの意味を知るKAWASAKI W1SPECIAL
バーチカルツインに乗るKAWASAKI W1SA
深淵に引きずり込まれるKAWASAKI 650RS・W3
見かけは古くさいのに中味はNo.1 YAMAHA XS-1
下から上まで強い、画期的な心臓!SUZUKI GR650

●Do you remember me!?
550cc&650ccは、日本のライダーのための、日本のバイクだ!!
極上バランス感KAWASAKI Z650
色々知ってこそ分かるその美点HONDA CB550FOUR
「新発売のモデルです」が通じる貴重な個性SUZUKI GS650G
400とは別格のパフォーマンス HONDA CBX550FⅡ

●MACH ALIVE永遠の名門
にっぽんの高速GTに、今酔いしれる
KAWASAKI 500 MACH Ⅲ KA1/H1A/H1C/H1E
自分が悦に入る空間を創造する KA1/H1F

●TURBOが華開いた1980年代前半!
SUZUKI XN85/YAMAHA XJ650 TURBO/
kawasaki 750 TURBO/HONDA CX650 TURBO
全く新しい姿に打ちのめされた HONDA CX500 TURBO
「激速」という至極明快な応えKAWASAKI 750 TURBO

1965~1985国産750ccクラス・カタログ

画像1: 1965~1985国産750ccクラス・カタログ
画像2: 1965~1985国産750ccクラス・カタログ

オンライン書店での購入はこちら

◆Amazonで購入

◆楽天ブックスで購入

◆セブンネットショッピングで購入

ミスター・バイクBGの関連記事はこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.