9.11以降のアメリカ。イラク戦争、オバマ政権への妨害工作、トランプ政権樹立。これら一連の流れが一人の男によって作られていたとしたら......!?その張本人こそ、映画「スキャンダル」でセクハラ事件を起こしたあの人物だとしたら......!?驚きと衝撃で全7話イッキ見必至の傑作ドラマがWOWOWで放送!ゴールデングローブ賞に輝いたラッセル・クロウの超絶なりきり演技も必見です。(文・清水久美子/デジタル編集・スクリーン編集部)

ラッセル・クロウが“堕ちた帝王”を力演!

画像: エイルズは政界にも大きな影響力を持っていた

エイルズは政界にも大きな影響力を持っていた

米TV界の絶対権力者として君臨し、保守派視聴者を刺激し扇動することで社会に多大な影響を及ぼしながらも、セクハラ問題で失墜したFOXニュースの初代CEOロジャー・エイルズ。現在公開中の「スキャンダル」でも描かれている“堕ちた帝王”のさらなる裏の顔を暴き出す問題作。

画像: 保守派寄りの強引な報道戦略で視聴率を上げていく

保守派寄りの強引な報道戦略で視聴率を上げていく

米TV界はもちろん政界の裏側でも暗躍したエイルズを、オスカー俳優のラッセル・クロウが驚異のなりきりぶりで力演。共演は「アメリカン・スナイパー」のシエナ・ミラー、「テッド」のセス・マクファーレンら。

画像: その地位を利用して暴君ぶりを発揮するエイルズ

その地位を利用して暴君ぶりを発揮するエイルズ

FOXニュースとは?
メディア王ルパート・マードックが、NBCを辞めた大物プロデューサー、ロジャー・エイルズをCEOにして設立した米ケーブルTV局。裏を取らなくとも語尾に「?」を付ければ何でもOKというエイルズの強引な戦略で、右派の米国民が求める“強いアメリカ”をイメージさせる情報をどんどん流し、CNNを抜いてケーブル・ニュース局で視聴率1位をキープし続けた。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.