ドゥカティだから味わえる最大級の喜び

D U C A T I  S t r e e t f i g h t e r V 4 S

他を圧倒する高い運動性能とハイパフォーマンスを秘め、ストリートでの使い勝手を意識したドゥカティならではのメソッドで仕上げられた、ストリートファイターの日本デビューまで、あとわずか。

画像: D U C A T I  S t r e e t f i g h t e r V 4 S

最高峰のパフォーマンスとスタビリティーに妥協なし

驚くほどの軽さ、素直さで自在に楽しめる208PS

モトGPマシン譲りのテクノロジーを惜しみなく投入したV4エンジンを搭載し、ストリートでのパフォーマンスに焦点を合わせたパッケージ車体を採用する、ドゥカティ・スポーツモデルの頂点に君臨するパニガーレV4。レースのためのホモロゲーションモデルではなく、ストリートモデルとして独自の思想で練り上げられた、スポーツモデルの最高峰といえる。

最高出力200馬力を優に超えるエンジンは、現実離れしたしたスペックと思われるが、充実した電子制御システムにより、ロードコンディションやグリップ状況に即座に対応しベストなパワーデリバリーを可能にするだけに留まらず、好みのフィーリングにも簡単にアジャスト可能となっている。近年、進化する電子制御システムを搭載するモデルは多く、フラッグシップモデルともなればスタンダード装備といえるが、パニガーレV4も市販モデル最上級のセットアップが成されている。

画像1: 驚くほどの軽さ、素直さで自在に楽しめる208PS

スーパースポーツモデルのフラッグシップに相応しい装備を搭載し、他モデルと一線を画す凄みを放つ意匠に凝った造り込みは、唯一無二の存在といっても過言ではないパニガーレV4に、同一のポテンシャルを備えた兄弟車がデビューする。その名も「ストリートファイターV4」。スーパースポーツモデルが持つ洗礼された高い運動性能をそのままに、フロントフェアリングは装備せず、アップライトなライディングポジションを実現するパイプハンドルを採用。視界が高くまた上体の自由度が広い、ストリートモデルならではのスタイルを構築している。

スポーツモデルの必須装備や装飾を省き、マッシブで戦闘的なスタイリングとなるストリートファイター化は、スポーツモデルをメインにラインアップするドゥカティにとっては常套テクニックとなっている。また、ウイングタイプのデイライトと2灯タイプのヘッドライトで構成されたフェイスマスクは、低く身構える猛禽の如く独特の表情を生む。ただひたすらシンプルに仕上げるのではなく、新時代を告げるストリートファイターとしての強い個性が与えられている。

さらに、ドゥカティならではのギミックとして、モトGPに於いていち早く着目し注力したウイングレットをさり気なく装備する。ウイングレットに関しては、他メーカーに比べても一日の長があり、効果と実績のある技術なので、ストリートを主戦場とするネイキッドモデルであったとしても、最先端スポーツモデルとしてのプライドが反映されている。

画像2: 驚くほどの軽さ、素直さで自在に楽しめる208PS

ワイルドで武骨だが、先進のテクノロジーのみで構築

ストリートファイターV4は、2つのグレードモデルを用意。スタンダードモデルは、ショーワ製BPFフロントフォークにザックス製リアショックの組み合わせの足回り設定となる。また、ステアリングダンパーもザックス製を採用する。ホイールは、前後共にオリジナルデザインのアルミ製ホイールを装備。乾燥重量で180㎏、装備重量でも201㎏と、208馬力は発生させるパワーユニットを搭載するにも関わらず、強烈にコンパクトにまとめ上げられているのが分かる。

一方、アップグレードバージョンの『S』は、前後ショック共にスマートEC2.0イベントベース・モード付のオーリンズ製を採用。また、ステアリングダンパーもイベントベース・モード付のオーリンズ製となる。これは、前後ショックを走行状況に応じて、車体の安定性向上やコーナリングスピード向上をアクティブに変化させたり、さらに任意で好みにアジャストを可能にする『DES EVO』対応するための選択となっている。

前後ホイールは、マルケジーニ製アルミ鍛造ホイールを装備する。『S』タイプの乾燥重量は178㎏、装備重量で199㎏と200㎏を切るといった、パフォーマンスへのこだわりを感じる仕上がりに。カラーリングは、両モデル共にドゥカティレッドの一色設定となっている。また、エンジンの仕様は同一設定となっている。

画像1: ワイルドで武骨だが、先進のテクノロジーのみで構築
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.