クルマ好きなら一度は憧れたことがあるだろうスーパーカー。その黎明期から現代までをたどる連載企画。第36回は「プジョー 205ターボ16」だ。

プジョー 205ターボ16(1984-1986年)

画像: 大きく張り出した前後のブリスターフェンダーが勇ましい。リアサイドウインドー後ろやリアフェンダー前にエアインテークが備わる。

大きく張り出した前後のブリスターフェンダーが勇ましい。リアサイドウインドー後ろやリアフェンダー前にエアインテークが備わる。

今回と次回に紹介する2台のマシンは、スーパーカーとは呼びがたい存在かもしれない。だが、ほぼ同時期に登場したポルシェ 959フェラーリ 288GTO同様のグループBマシンであり、そのパフォーマンスはスーパーカーとして紹介しても遜色のないものだろう。

プジョーはグループB規定による世界ラリー選手権に対して積極的な対応を示した。1984年に発表した205ターボ16は、その正確で緻密な戦略が功を奏したモデルといえるだろう。当時ヨーロッパで人気を博していたFF 2BOXの205を基本としたボディフォルムが与えられているが、もちろん完全なコンペティションモデルとして開発されている。

コクピットの後ろに横置き搭載されたエンジンは、XU8T型と呼ばれる1775ccの直4 DOHC16バルブにターボを装着。当時の規定で過給器係数の1.4をかけても2500cc以下に排気量が収まるように設定されている。

画像: FF 2BOXの205からパーツを一部流用しているが、ヴェリア製のメーターまわりはラリーカーらしい機能美を感じさせる。

FF 2BOXの205からパーツを一部流用しているが、ヴェリア製のメーターまわりはラリーカーらしい機能美を感じさせる。

実際に市販されたストリートバージョンとコンペティションユースでは、パワースペックなどに相当に大きな差がある。ストリートバージョンでは、KKK製のターボチャージャーとボッシュ製Kジェトロニックの組み合わせで、最高出力200psと最大トルク26.0kgmというパワースペックを発生していたが、ラリーステージへ導入された205ターボ16では、その最高出力は500psを大きく上回っていたとさえ言われている。

シャシ設計も、FFの205とは大きく異なっている。サスペンション形式は前後ともダブルウイッシュボーンが採用され、ミッドシップマウントされたエンジンは助手席側のフロント寄りにオフセットして搭載され、運転席側にはトランスミッションとインタークーラーがレイアウトされていた。

駆動方式は、もちろんフルタイム4WD。基本的な設計をシトロエン SMにまでさかのぼることのできる5速MTから出力されたトルクは、ビスカスカップリングを組み合わせたセンターデフによって前後のディファレンシャルへと伝達され、その駆動力配分は通常時には33:67とされていた。もちろん、前後のディファレンシャルにはLSD(リミテッド スリップ デフ)が備えられていたことは言うまでもない。

プジョー205ターボ16はWRCで数多くの優勝を飾り、1985・86年は2年連続でマニュファクチャラー部門とドライバー部門のダブルチャンピオンに輝く。まさに、グループB時代のWRCを象徴する画期的なコンペティションマシンであったといえるだろう。

画像: フォルムはFF 2BOXと似ているが、前後フェンダーは大きく張り出し、エンジンを搭載するリアセクションはまったくの別モノだ。

フォルムはFF 2BOXと似ているが、前後フェンダーは大きく張り出し、エンジンを搭載するリアセクションはまったくの別モノだ。

プジョー 205ターボ16(ストリートバージョン)主要諸元

●全長×全幅×全高:3820×1700×1353mm
●ホイールベース:2540mm
●重量:1145kg
●エンジン種類:直4 DOHCターボ
●排気量:1775cc
●最高出力:200ps/6750rpm
●最大トルク:26.0kgm/4000rpm
●駆動方式:横置きミッドシップ4WD
●トランスミッション:5速MT
●タイヤサイズ:210/55VR390

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.