アドベンチャースタイルのスクーター、と聞くとルックス重視のシティコミューターに思われがちだが、ADV150はちょっと違う。ガッチリした車体に贅沢な足回りで、ちょっとした「冒険」をしたくなる走りが自慢なのだ。そんなADV150誕生のいきさつを、プロジェクトリーダーに聞いてみた。

スクーターの枠を超えた走りが魅力の1台

HONDA R&D Southeast Asia Co.Ltd. 箕輪和也氏
Assistant Chief Engineer
Product Engineering Division

「きっかけはタイやインドネシアといったアジア地域からの要望でした。PCXよりも上の、新しいプレミアムなモデルができないか、という話がスタートです」

そう語るのは箕輪さん。ADV150のプロジェクトリーダーだ。

画像: ホンダ「ADV150」 最高出力:15PS/8500rpm 最大トルク:1.4㎏-m/6500rpm 税込価格:45万1000円

ホンダ「ADV150」 

最高出力:15PS/8500rpm
最大トルク:1.4㎏-m/6500rpm
税込価格:45万1000円

「新しいプレミアムモデル、ということで、何をやろうかまず考えました。PCXをさらに進化させた高級サルーン、スポーツモデル、オン/オフモデルと、色々な選択肢がある中で、オン/オフでいこう、ということになりました。四輪の世界ではSUVがずっと人気ですが、このクラスのスクーターにもそういうモデルがあればとても魅力的ではないか、と考えたのが理由のひとつです。あと、アジア諸国では路面の良くない道もたくさんあり、未舗装路やダートなど、普通のスクーターだとためらうような場所でも行ってみようという気持ちにさせてくれますし『これならいいものになるのではないか』と考えたのがオン/オフを選んだもうひとつの理由です」

こうして開発が始まったADV150。開発当初からPCXベースということは決まっていたそうだが、PCXとのキャラクターの違いをどう出すつもりだったのだろうか。

画像: スタイリングはまるで別物なのだが、どことなく兄貴分のX‐ADVを思わせるフォルム。しっかり走りを追求した、タフギアとしてのオーラは共通なのだ。

スタイリングはまるで別物なのだが、どことなく兄貴分のX‐ADVを思わせるフォルム。しっかり走りを追求した、タフギアとしてのオーラは共通なのだ。

「PCXは、高速域の安定した、スムーズな吹けが魅力の高級感あるスクーターとして評価をいただいていますが、今回のADVでは低中速域での力強さに着目し、ライダーの意思に反応した力強いダッシュ力として、モーターサイクルらしさにこだわりました。あと、アドベンチャースタイルに見合った、しっかりした足回りに仕上げる、というのも最初から決めていました。気持ちよく走りを楽しんでいただきたかったので、足回りのコストを惜しまず、スクーターでもできることをしっかりやろう、と考えました」

画像: 出だしの力強いダッシュ力を求めて、吸排気系を徹底リファイン。トルクを増強している。

出だしの力強いダッシュ力を求めて、吸排気系を徹底リファイン。トルクを増強している。

画像: 赤がADV、緑がPCX。パワー、トルクとも全域でADVが上回るが、特に低中回転域での厚いトルクが光る。

赤がADV、緑がPCX。パワー、トルクとも全域でADVが上回るが、特に低中回転域での厚いトルクが光る。

しっかりした車体造りには、ベースであるPCXのダブルクレードルフレームが大きく貢献したようだが、開発に当たってはいろいろな苦労もあったようだ。

「スポーティな走りが魅力なのに重くなっては意味がない、ということで、部品をひとつでも軽く作れるように工夫しました。フレームは、シートレール後端を変更し、グラブバーも軽量な樹脂製の分割式とするなど、本当にちょっとずつ煮詰めていきました。あと苦労したのは足つき性の確保です。こういうオン/オフモデルですから地上高は上げたいんですが、そうすると同時にシート高も上がってしまう。シートレールから見直してテールカウルを絞り込んだり、結構苦労しました」

画像: ADVのフレームは基本的にPCX150と共通だが、シートレール後半部分が異なり、剛性メンバーであるテールエンド部分をADVでは変更。これで約1.5㎏ほど軽くしているのだ。

ADVのフレームは基本的にPCX150と共通だが、シートレール後半部分が異なり、剛性メンバーであるテールエンド部分をADVでは変更。これで約1.5㎏ほど軽くしているのだ。

画像: 背筋をしっかり伸ばし、リラックスしたライポジ。スタイリングの決定よりも先に、まずこのポジションが決められた。

背筋をしっかり伸ばし、リラックスしたライポジ。スタイリングの決定よりも先に、まずこのポジションが決められた。

質実剛健なタフギアにふさわしい、しっかりした走りが魅力のADV150。箕輪さんに「最高の楽しみ方」を聞いてみた。

「峠を走っていてダートや砂利道に出くわしたら、普通スクーターなら引き返しますが、ADVなら『ちょっと行ってみようかな』という気になれると思います。舗装/未舗装路を選ばず、笑顔で楽しめるバイクに仕上げたつもりです。個人的には、これでキャンプしてみたいですね」

まとめ:月刊オートバイ編集部

画像: トランクスペースの幅を詰め、グラブバーは樹脂製の分割式に。苦労の跡がにじむリア周り。

トランクスペースの幅を詰め、グラブバーは樹脂製の分割式に。苦労の跡がにじむリア周り。

Specifications
全長×全幅×全高 1960×760×1150㎜
ホイールベース 1325㎜
最低地上高 165㎜
シート高 795㎜
車両重量 134㎏
エンジン形式 水冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量 149㏄
ボア×ストローク 57.3×57.9㎜
圧縮比 10.6
最高出力 15PS/8500rpm
最大トルク 1.4㎏-m/6500rpm
燃料供給方式 PGM-FI
燃料タンク容量 8L
キャスター角/トレール NA
変速機形式 Vベルト無段変速
ブレーキ形式 前・後 φ240㎜ディスク・φ220㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 110/80-14・130/70-13

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オートバイ 2020年 05月号 [雑誌]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/4/5時点)


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.