『ミッドサマー』『レディ・バード』など数々の話題作を放つ気鋭スタジオA24が贈る、90年代への愛と夢が詰まった青春映画『mid90s』の邦題が、『mid90s ミッドナインティーズ』として2020年9月4日(金)より全国公開されることが決定した。

「ジョナ・ヒルによる『レディ・バード』!」と絶賛の嵐

本作は、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」「マネーボール」「21ジャンプストリート」などに出演している人気俳優ジョナ・ヒルの初監督作品。

物語の元になったのはジョナ・ヒル自身の半自伝的な10代の想い出。90年代のロサンゼルスを舞台にシングルマザー家庭に育った13歳の少年スティーヴィー(サニー・スリッチ)が、スケートボードを通してかけがえのない仲間達と出会い、子供から大人への扉を開いていく様子が描かれる。

1990年代半ばのロサンゼルス。13歳のスティーヴィーは兄のイアン、母のダブニーと暮らしている。小柄なスティーヴィーは力の強い兄に全く歯が立たず、早く大きくなって彼を見返してやりたいと願っていた。そんなある日、街のスケートボード・ショップを訪れたスティーヴィーは、店に出入りする少年たちと知り合う。彼らは驚くほど自由でかっこよく、スティーヴィーは憧れのような気持ちで、そのグループに近付こうとするが…。

ジョナ・ヒルがタッグを組んだのは、日本での『ミッドサマー』の大ヒットも記憶に新しく、『レディ・バード』『ムーンライト』などアカデミー賞の候補作を続々と送り出すなど、世界中の映画好きから注目の的となっている気鋭の映画スタジオA24。

懐かしくて新しい90年代への愛情と夢をたっぷりに描いた10代の少年たちの成長物語はあらゆる世代の共感を呼び、ナショナル・ボード・オブ・レビューのトップ10インディペンデント映画にも選出、全米4館からスタートしたにも関わらず、1200スクリーン超まで拡大するスマッシュヒットを記録した。

ジョナ・ヒル自身が子供時代を過ごし、タイトルにもなっている、本作の象徴的なキーワード“1990年代”の雰囲気と感覚を再現するため、全編16mmフィルムにこだわって撮影されていることも魅力の一つ。スーパー・ファミコンやカセットテープ、ストリート・ファイターなど1990年代を象徴するような懐かしいアイテムが盛り沢山で劇中に登場するなどのお楽しみも。

音楽はナイン・インチ・ネイルズのフロントマン、トレント・レズナーが手掛けるほか、ニルヴァーナ、ピクシーズ、モリッシー、シール、ファーサイド、ウータン・クラン、ア・トライブ・コールド・クエストなど当時のヒット曲で彩られている。

『40歳の童貞男』などのジャド・アパトー作品でキャリアを積み、アメリカを代表する大人気コメディ俳優となったジョナ・ヒル。『マネーボール』でブラッド・ピット演じる主人公の右腕を演じアカデミー賞助演男優賞にノミネート、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』ではレオナルド・ディカプリオとのコンビが高く評価され、いまや不動の実力派人気俳優となった彼の初監督作となる本作は、子供と大人の中間で悩む誰もが共感必至の青春ストーリー。

ティザービジュアルでは「たちあがれ、何度でも」という力強いメッセージとともに、不安と希望を胸に未来に立ち向かうように佇む主人公スティーヴィーが描かれる。そんな彼を魅力たっぷりに演じるのは、『ルイスと不思議の時計』『聖なる鹿殺し』のサニー・スリッチ。母親ダブニー役に『ファンタスティック・ビースト』シリーズのキャサリン・ウォーターストン、兄のイアンに『ある少年の告白』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズと脇には人気・実力を兼ね備えた俳優陣が揃う。

ライフスタイルがデジタル化される最後の時代──90年代のあの頃を背景に、誰もが経験する<青春>という魔法の季節を鮮やかに映した、懐かしくて新しい青春映画のマスターピースがいよいよ日本に上陸!

<海外の映画評>

ジョナ・ヒルの監督デビュー作は、90年代のLAに連れ戻してくれる。最高に魅力的!──Rolling Stone

間違いなく、今年のナンバー1!──VICE

ジョナ・ヒルによる『レディ・バード』!監督自身の青春と才能から生まれた宝石。──Hollywood Reporter

今年最高の映画の一つ。みんな観に行って!──アダム・レヴィーン(マルーン5)

mid90s ミッドナインティーズ
2020年9月4日(金)新宿ピカデリー、渋谷ホワイト シネクイントほか全国ロードショー
配給:トランスフォーマー
© 2018 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.  

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.