いま注目度No.1の若手俳優 高野洸にクローズアップ!
4月からスタートの連続ドラマ『KING OF DANCE』(全6話)で初主演を務める高野洸。ミュージカル 『⼑剣乱舞』シリーズや、舞台『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』など数々の人気2.5次元舞台に出演し、俳優業にとどまらずアーティストとしてCDリリースや写真集を発売するなど、活躍の幅を広げている。
本作はTVドラマ&舞台連動プロジェクトであり、TVドラマは4月から、舞台は2020年7月~8月に大阪・東京・名古屋で上演される。
撮影/友田和俊  スタイリング/袴田知世枝  ヘア&メイクアップ/水野みゆき

あらすじ

画像1: 高野洸主演ドラマ『KING OF DANCE』インタビュー

時は大ダンス時代。誰もがダンスを嗜み、ダンスパフォーマンスにおける地位は最高潮を迎える。そんな時代にあって実力のあるダンサーたちが目指す一つのタイトルがあった。その名は「KING OF DANCE」。5年の空白を経て開催されるその大会を目指し、全国から実力者たちが集まる―。 ある事故をきっかけにダンスの表舞台から姿を消していた主人公・“空(そら)”。世界的なダンサーである父の死をきっかけにダンスをやめていた”海⽃(かいと)”。ダンスの才能がありながらも、それぞれの葛藤によりダンスから離れていた二人が、KODという舞台を前に再びダンスへの想いを熱く燃やす。 メンバーとの確執や過去の辛い出来事を乗り越え、KODを獲るのは誰か―?!仲間やライバルなど、個性豊かなキャラクターたちが全力で踊って魅せる、今年⼀番熱いダンスストーリー!

画像: あらすじ

ドラマ初主演を務めて

――ドラマ『KING OF DANCE』の主演を務めてのお気持ちをお聞かせください。

高野 ドラマの主演を務めさせていただけるのはすごく光栄です。ダンスが題材ということで、4歳からダンスには触れてきたんですが、ダンス歴の割にはそこまで自信はなくて。でもダンスの大会に出る主人公を演じるので頑張らなきゃなというプレッシャーもありつつ、しっかりダンスとも映像のお芝居と向き合って頑張っていきたいなと、いい作品を作りたいなと思いました。初主演は非常にありがたいことで不安はありますけど、僕のできる限りで頑張りたいなという気持ちです。

画像: ドラマ初主演を務めて

ダンスが題材のドラマ

――本作はダンスが題材のドラマですが、演じてみていかがでしたか?

高野 本作は本気のダンスシーンが多く、大変でした。ダンスにはずっと触れてきてはいるのですが、コンテストでのショーケースダンスは子供の時以来で、ダンスバトルっぽい振りは本当に久々です。真剣にダンスと向き合わなければいけないドラマなので、当時の悔しい気持ちを思い出しつつ当時獲れなかった優勝を目指す気持ちで頑張りたいなと思いました。

――4歳からダンスを始めてからずっとダンスは続けているんですか?

高野 小学2~5年までは週6くらいダンススクールでダンスを習っていました。放課後2~3時間ダンスをしていましたね。でもそれが日常過ぎて、後からダンスを習い始めた人のほうが熱量が高い気がして…ダンスをやっていた年数からするとまだまだだなと自分では思っています。4年前から俳優がやりたいと“役者1本でやっていくぞ”という気持ちで、1回ダンスからは離れてダンサーの癖を失くしたいなと思っていた時もありました。でも、ダンスはずっと生活のなかにあったものなので捨てるべきでないなとこの作品を通じてあらためて思いましたし、もっともっと上を目指してやっていきたいなと思います。

画像: ダンスが題材のドラマ

演じてみて

――主人公の空との共通点はどんなところですか?

高野 まず、ダンスをやっていたということは大きな共通点です。性格的な面だと、会話をしていてのリアクションや反応は似ていると感じる部分もありますし、分かるなと思うこともあります。なので、感情の流れだったりというのはスムーズに共感できました。今までダンスをやっていた時も仲間とコンテストで優勝を目指してやっていたこともありますし、グループ活動もやっていたので、そういうポジションも共通点ですね。

――逆に自分にはない点は?

高野 空は、勇気をもっての行動や発言、活発さがあります。その点は自分にもほしいなと思いました。

――演じてみて難しかった点、苦労した点はありましたか?

高野 ダンスバトル自体が難しいんですが、バトル中にセリフを言うことですね。相手のチームのパフォーマンスを観ながら話すんですけど、その試みは新鮮でした。ダンスバトルシーンは曲がかかっているので、相手チームのターン中にセリフを言い終えないといけなかったり、セリフだけを別撮りしたりと苦労もありました。

画像: 演じてみて

撮影現場の雰囲気

――共演者にはダンス自慢のキャスト陣やバッファロー吾郎Aさんのような方もいらっしゃいますが、撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

高野 すごく楽しかったです。キャストの皆さんもいい人たちですし、撮影のスタッフさん方がこだわりを持って妥協せずに取り組んでいる姿をみて、頑張らなきゃと思いましたね。

――バッファロー吾郎Aさんとの共演はいかがでしたか?

高野 楽しかったです!役柄の石井さんにしか見えなかったです…(笑)。舞台等で年齢の離れた方との共演もあるんですが、もっと近い距離で会話をしたりするのはほぼ初でした。居酒屋で話をするシーンがあるんですけど不思議な感覚でしたね。バッファロー吾郎Aさんは明るくて、その明るさを僕にまでくださるようなお芝居だったり、突っ込みたくなるような演技だったり、いい意味で引っ掻き回していろいろやってくださいました(笑)。

画像: 左:主人公高山空役の高野洸、右:石井役のバッファロー吾郎A

左:主人公高山空役の高野洸、右:石井役のバッファロー吾郎A

――ダンス仲間やライバルチームのキャスト陣とは、これまで共演したことがあったりしますか?

高野 半分くらいの方とこれまで共演したことがあります。なので、和気あいあいと撮影できました。

――撮影時の裏話は何かありましたか?

高野 ドラマの中でダンス練習をする場所がリサイクルショップというシチュエーションで、そこでダンス練習をするシーンがいっぱいあるんですけど、姿見をいっぱい重ねてレッスン場っぽく作っている感じなんですよ。それを映像で撮るとなると、カメラマンさんが写らないように画角が決められてしまうのですが、姿見の角度を微調整したりなどの工夫が施されています。でもその練習場所が、うまく工夫してやっているダンスチームっていう感じがあっていいなーって思いました。

画像: 撮影現場の雰囲気

高野洸の素顔

――子どもの頃からダンスをしていた高野さんの子どもの頃になりたかった職業は何ですか?

高野 小学1年生の頃はダンサーと言っていました。でも具体的ではなくて、小学生の時からゲームが好きだったので中学1~2年生くらいの時はゲームクリエイターになりたいと思っていた時もあります。今でもゲームは好きで、対戦系ゲームやカードゲーム、ポケモンなどをやっています。

――舞台に、ドラマに、歌にとマルチな活躍をしている高野さんの今後チャレンジしてみたいことはありますか?

高野 ありがたいことに今、色々なことをやらせていただいているんですけど、舞台の割合が多いのでこれからは映像にかかわる作品にも携わりたいですね。

――最後に最近ハマっていることは何ですか?

高野 最近でもないんですが、牛乳です。舞台をやっているときは牛乳を飲むと声が枯れないんですよ。なので僕は信頼を置いています(笑)。牛乳の脂肪がのどをコーティングしてくれる感じがして、おいしいし栄養もあるし、気軽に買えますし。今回の撮影期間中も飲んでいます。飲みすぎちゃっておなか壊してしまうと大変なので、小さいパックを1日に1本です(笑)。

画像: 高野洸の素顔
画像2: 高野洸主演ドラマ『KING OF DANCE』インタビュー

プロフィール

高野洸 AKIRA TAKANO
生年月日:1997年7月22日
出身地:福岡県
血液型:B型

画像: ©2020『KING OF DANCE』 製作委員会

©2020『KING OF DANCE』 製作委員会

ドラマ『KING OF DANCE』

読売テレビ 2020年4月11日(土)放送開始
毎週土曜 深夜0時58分~

中京テレビ 2020年4月16日(木)放送開始
毎週木曜 深夜1時44分~

BS日テレ 2020年5月7日(木)放送開始
毎週木曜 夜11時00分~

※放送日時は変更になる可能性があります
※上記以外の放送局・配信先は公式HPへ 
https://king-of-dance.com/

脚本:吉谷光太郎
監督:松永洋⼀、土屋隆俊、林雅貴
振付監修:PURI(WILDLIFEWORKS)

出演:高野洸、和田雅成、丘山晴己、蒼木陣、丞威、福澤侑
本田礼生、眞嶋秀斗、滝澤諒、野島良太、RYUICHI
和田琢磨、バッファロー吾郎A/荒木宏文

©2020『KING OF DANCE』製作委員会

---

舞台『KING OF DANCE』

2020年7月~8月、大阪・東京・名古屋での上演が決定!

公演日程:

【大阪公演】2020年7月16日(木)~7月19日(日)(全6回)@COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

【東京公演】2020年7月23日(木)~8月2日(日)(全16回)@ヒューリックホール東京

【愛知公演】2020年8月8日(土)~8月9日(日)(全3回)@名古屋市公会堂

脚本・演出:吉谷光太郎

振付監修:PURI(WILDLIFE WORKS)

出演:高野洸、和田雅成、丘山晴己、蒼木陣、丞威、福澤侑/荒木宏文

料金:<大阪・東京>8,800円(全席指定・税込)

   <愛知>S席8,800円、A席7,800円(全席指定・税込)

    ※未就学児入場不可 ※営利目的の転売禁止

発売日:オフィシャル最速先行 2020年4月4日(土)12:00~2020年4月19日(日)23:59
受付URL:https://eplus.jp/kingofdance-hp/

©2020『KING OF DANCE』製作委員会

---

公式 Twitter:@kodproject
https://twitter.com/kodproject/

公式インスタグラム:kod_project
https://www.instagram.com/kod_project/

製作:『KING OF DANCE』製作委員会

©2020『KING OF DANCE』製作委員会

TVerなどの配信情報はこちら

関連記事

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.