セレブたちって普段はどんな毎日を過ごしているの?そんな疑問はInstagram調査隊にお任せを!今回はハリウッドでの活躍が目覚ましいアジア系のセレブたちに密着!今月のテーマは「アジア系の人気セレブたち」。(文・石井エリカ/デジタル編集・スクリーン編集部)

コンスタンス・ ウー

オールアジアンキャストで話題となった『クレイジー・リッチ!』で一躍セレブの仲間入りを果たしたコンスタンス。台湾系アメリカ人で、10年以上の下積み生活を経てブレイクした努力の人。これからのアジア系を牽引してくれる俳優の一人だと思ってます!

オークワフィナ

『フェアウェル』でアジア系初のゴールデングローブ賞を受賞したのも記憶に新しいオークワフィナ。いまや押しも押されもせぬ人気女優の彼女、もともとはラッパーが本業なのです。TVシリーズ『Awkwafina is Nora From Queens』も好評で、いま一番多忙なアジア系俳優と言えるかも?

ヘンリー・ゴールディング

『クレイジー・リッチ!』で映画デビュー後、飛ぶ鳥を落とす勢いが止まらないヘンリー。今年は『G.I.ジョー』シリーズ最新作(主役!)と、ガイ・リッチー監督最新作『The Gentlemen』が控えます。欧米のセレブたちと並んでも引けを取らない美貌、流石です。高まるー!

マ・ドンソク

『新感染』での屈強なおじさんが印象深かったマ・ドンソク。昨年のコミコンにてマーベル新作『エターナルズ』に参加することが発表され、全私が沸き散らかしました。やっと世界が彼に追いついた...!怖い顔してふざけてる投稿多めなのも、好印象♡

ルル・ワン

『フェアウェル』の監督・脚本を務めたルル・ワン監督。アワードシーズンは『パラサイト』組とお互いの受賞を喜びあう姿が印象的でした。どちらかが登壇しているときはどちらかが客席から記念撮影をしていたそうで、そんなアジアの連帯に胸がいっぱい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.