日本が大切にしてきた“もったいない”について考える珠玉のドキュメンタリー映画『もったいないキッチン』が2020年8月全国にて公開決定。あわせて予告編が解禁された。
画像: 映画『もったいないキッチン』予告編 ─ 捨てないで、おいしい料理を! ─ 2020年8月、シネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺他全国順次ロードショー! youtu.be

映画『もったいないキッチン』予告編 ─ 捨てないで、おいしい料理を! ─ 2020年8月、シネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺他全国順次ロードショー!

youtu.be

食品ロスを美味しく楽しく解決するもったいないアイデア満載

「もったいない」。 それは、無駄をなくすということだけではなく、命あるものに対する畏敬の念が込められた日本独自の美しい言葉だ。

そんなもったいない精神に魅せられ日本にやってきたのは、映画監督のダーヴィド・グロス。食材救済人の異名も持つダーヴィドは、前作『0 円キッチン』(15)でヨーロッパ5カ国をキッチンカーで巡り、捨てられる運命の食材を美味しい料理に変身させてきた。

数々のドキュメンタリー映画賞に輝いた前作から舞台を日本に移し、本作『もったいないキッチン』では通訳・旅のパートナー ニキと共に福島から鹿児島まで1600kmを旅する。実は日本の食品ロスは世界トップクラスなのだ。

2人はコンビニエンスストアや一般家庭を突撃し、次々食材を救済。日本のシェフや生産者たちの助けを得て、廃棄食材を美味しい料理に変身させるもったいないキッチンを各地でオープンする。次第に2 人は“もったいない”がもたらす多くの恵みに気づいていく―――。

このたび完成した予告編では映画監督のダーヴィド・グロスが、「もったいない」という魅力的な
言葉に引き寄せられ日本にやってくるところからスタート。

ところが日本は食品ロス大国。年間643万トン(国民ひとり当たり毎日おにぎり一個分)、ひと家庭当たり年間6万円もの食べ物が捨てられている現実に直面する。もったいない精神の国なのになぜ…?もったいない精神はもう日本にはないのか?

ダーヴィドはキッチンカーで日本を旅しながらコンビニエンスストアや一般家庭を突撃、まだ食べ
られるのに捨てられる運命にある食材を救済する。日本のシェフや生産者たちの助けを得なが
ら、美味しい料理に変身させていく様子が描かれる。“もったいないアイデア”満載の、美味しくて楽しい予告編が完成した。

また、本作の監督で主人公となるダーヴィド・グロスと日本語通訳で旅のパートナーであるニキ
の2人がキッチンカーの中から笑顔を向けるポスタービジュアルが同時解禁。このキッチンカーからどんな“もったいない”料理が生まれるのか、期待を感じさせるビジュアルとなっている。

もったいないキッチン
2020年8月、シネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺他全国順次ロードショー
配給:ユナイテッドピープル

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.