2020年6月19日(金)「エジソンズ・ゲーム」がついに日本公開!今回は登場キャラクターをご紹介です。後半ではベネディクト・カンバーバッチインタビューも大公開!(文・前田かおり/デジタル編集・スクリーン編集部)

世界を変える“電気”を制するのは誰だ!?

誰もが知る発明王トーマス・エジソンにも、脅威のライバルがいた。その名はジョージ・ウェスティングハウス。技術者でカリスマ実業家だった彼とエジソンはアメリカ初の電力送電システムを巡って、直流か交流かという〝電流戦争〞を繰り広げた。実はこのバトルが今の電気の原点を決定づけたのだった。そんな歴史的事件を映画化。

主演のエジソンにはベネディクト・カンバーバッチ。非凡だが、勝つためなら手段を選ばないという偉人としてのイメージを覆すような人物像を作り上げた。対するウェスティングハウスには『シェイプ・オブ・ウォーター』などのマイケル・シャノン。また、エジソンの右腕である秘書のインサルにトム・ホランド、野心家の天才科学者テスラをニコラス・ホールト。監督は「ぼくとアールと彼女のさよなら」のアルフォンソ・ゴメス・レホン。

己の才能を信じた者と、それに惚れ込んだ者たち......男たちがプライドと情熱を賭けた世紀の戦いの全貌とその行方を見届けずにはいられない。

天才発明家VSカリスマ実業家&彼らをめぐる人物たち

天才にして傲慢な 世紀の発明王
トーマス・エジソン

画像: 天才にして傲慢な 世紀の発明王 トーマス・エジソン

世界を変える発明品を次々と産み出す天才で、自社の社員には「10日ごとに小発明、半年ごとに大発明をしろ」とムチャぶり。傲慢で頑固で、人の意見に耳を貸さない。反面、家族には優しく、妻メアリーを深く愛した。

ベネディクト・カンバーバッチ
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』をはじめ実在、架空数々の天才役を熱演。その成り切りぶりには定評があり、本作でもエジソンの裏側に迫っている。

技術者としても優れたカリスマ実業家
ジョージ・ ウェスティングハウス

鉄道車両のエアブレーキを発明するなど技術者であり実業家。電力の供給には交流方式が効率的と考え、それを証明してエジソンと手を組もうと考えていた。フェアな実業家で従業員にも思いやりのある人間だった。

マイケル・シャノン
『テイク・シェルター』での怪怪演演や『マン・オブ・スティール』のゾッド将軍など悪役でおなじみ。今回の「英雄のような人物は得意ではないけれど努力した」とコメント。

エジソンを一心に支える青年秘書
サミュエル・インサル

画像: エジソンを一心に支える青年秘書 サミュエル・インサル

天才エジソンの才能に惚れ込み、秘書としてどんなムチャぶりをされても遂行するデキた青年。電流戦争ではマスコミの利用をアドバイスするなど、一心にエジソンを支え続けた。

トム・ホランド
すっかり、新スパイダーマンの顔が定着したが、そのやんちゃぶりを封印して天才発明家に尽くす秘書を好演。

エジソンに憧れる若き発明家
ニコラ・テスラ

オーストリア出身で、発明家エジソンに憧れてエジソン・エレクトリック社に就職。エジソンに交流送電を提案するが、自説に執着する彼にまともに扱われず、最終的に決別する。

ニコラス・ホルト
子役出身で近年は『女王陛下のお気に入り』など縦横無尽に活躍。ひげに加えビリヤードのキューさばきにも注目。

メアリー・エジソン

画像: メアリー・エジソン

エジソンの最初の妻。元従業員でエジソンとの間に3人の子供を得るが、29歳で病死。

タペンス・ミドルトン
英国出身。映画『ダウントン・アビー』に、レディ・モードの侍女ルーシー役で出演。

JPモルガン

画像: JPモルガン

アメリカ五大財閥の一つ、モルガン財閥の創始者。エジソンの事業に多額の投資を行なった。

マシュー・マクファディン
映画『プライドと偏見』のダーシー役ほか、HBOドラマ『サクセッション』でも活躍。

マーガリート・ ウェスティングハウス

技術者であり実業家としての夫の功績を讃えて、エジソンに立ち向かうよう鼓舞する。

キャサリン・ウォーターストン
『ファンタスティック・ビースト』シリーズのポーペンティナ役でおなじみの長身女優。

フランクリン・ポープ

画像: フランクリン・ポープ

ウェスティングハウスの交流送電方式を進めるため、変圧器の設計や改良に努めた。

スタンリー・タウンゼント
舞台やドラマ『SHERLOCK/シャーロック』『24:リブ・アナザー・デイ』など多数出演。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.