2020年3月20日(金・祝)、ホンダが原付二種「CT125・ハンターカブ」の詳細を発表。そして、豊富なアクセサリーパーツを装着したカスタマイズ・サンプルもさっそく公開しました。3台のカスタム・ハンターカブをご覧あれ!
まとめ:西野鉄兵/写真:赤松孝・南孝幸

まずはノーマル状態の「CT125・ハンターカブ」をチェック

画像: Honda CT125・ハンターカブ 空冷SOHC単気筒・124cc/税込価格:44万円/2020年6月26日(金)発売予定

Honda CT125・ハンターカブ

空冷SOHC単気筒・124cc/税込価格:44万円/2020年6月26日(金)発売予定

ノーマル状態でもすでに完成度が高く、ワクワク感満点の「CT125・ハンターカブ」。見ているだけで、アウトドアレジャーに出かけたくなるスタイリング、そして装備・仕様。

この状態ですでに完璧、と思う方も多いでしょう。果たしてどのようにカスタマイズされるのか?

よりアグレッシブな旅が楽しめそうな「SP武川」カスタム
「CT110」を彷彿させるスクランブラーマフラーを装着!

画像: ① よりアグレッシブな旅が楽しめそうな「SP武川」カスタム 「CT110」を彷彿させるスクランブラーマフラーを装着!

パッと目がいくのはマフラーかもしれませんね。じつはそれだけでなく、リアショックやミラーも「CT110」と同様のカラーリングとなっています。

そのうえで、ナックルガードやLEDフォグランプを搭載し、現代版ともいえるアクティブなスタイルに仕上げられました。この車両には「スペシャルパーツ武川」製のアクセサリーが20点以上も装着されています。

装着されているオプションパーツ

メーカーはすべてスペシャルパーツ武川

製品名税別予定価格
スクランブラーマフラー45,000円
ナックルガード(ブラック)5,800円
ハンドルガード(ブラック)7,500円
サブフレームキット(ブラック)13,000円
リアフェンダーガード(ブラック)8,800円
クロムメッキレバー(ブレーキ)3,980円
ビレットワイドステップキット(シルバー)16,800円
ステンレスステップジョイント2,800円
クッションシートカバー(ブラック/レッド)3,800円
リアショックアブソーバー(クロムメッキ/ブラック)11,500円
ステムナット(ブラックナット/レッドキャップ)3,000円
メインスイッチカバー(シルバー)980円
マスターシリンダーガード(レッド)2,800円
オイルフィラーキャップ(ブラック)2,200円
ジェネレータープラグセット(ブラック)4,200円
アルテックボルトキット(レッド)500円
ライセンスプレートボルトセット(レッド)2,100円
LEDフォグランプキット(2個セット)20,800円
ヘルメットホルダー13,800円
Zミラーセット(ショート&ミドルアーム付)3,800円
アクセサリーバーエンド(SUS)3,800円

各部をチェック!

画像: ナックルガードを装備すると、よりオフロードやアドベンチャーといったテイストに。税別5,800円。 ミラーもオプションパーツ。税別3,800円。

ナックルガードを装備すると、よりオフロードやアドベンチャーといったテイストに。税別5,800円。

ミラーもオプションパーツ。税別3,800円。

画像: ハンドルライザーに共締めされているのは「ハンドルガード」(税別7,500円)という製品。これがあれば、アクセサリーバーとして、スマホステーなどいろいろ取り付けられますね。

ハンドルライザーに共締めされているのは「ハンドルガード」(税別7,500円)という製品。これがあれば、アクセサリーバーとして、スマホステーなどいろいろ取り付けられますね。

画像: CT110の雰囲気をより濃く出したいというオーナーにはうってつけの「スクランブラーマフラー」(税別45,000円)。

CT110の雰囲気をより濃く出したいというオーナーにはうってつけの「スクランブラーマフラー」(税別45,000円)。

画像: スキッドプレートのステーにそのままフォグランプの装着が可能。フォグランプはLEDで2個セット税別19,800円。ステーの純正色はシルバーですが、この車両は黒く塗られている模様。

スキッドプレートのステーにそのままフォグランプの装着が可能。フォグランプはLEDで2個セット税別19,800円。ステーの純正色はシルバーですが、この車両は黒く塗られている模様。

画像: 「ビレットワイドステップキット」は税別16,800円。 クランクケースのカバーはノーマルで、ボルトを赤いアルマイトに変更。小さなことだけど、カスタムバイクならではの雰囲気がグッと増しますね。

「ビレットワイドステップキット」は税別16,800円。

クランクケースのカバーはノーマルで、ボルトを赤いアルマイトに変更。小さなことだけど、カスタムバイクならではの雰囲気がグッと増しますね。

画像: カスタムシート!と思いきや、これは「クッションシートカバー」という製品。つまりノーマルのシートにかぶせるだけで、簡単に個性を出すことができます。税別3,800円。

カスタムシート!と思いきや、これは「クッションシートカバー」という製品。つまりノーマルのシートにかぶせるだけで、簡単に個性を出すことができます。税別3,800円。

画像: ノーマルのリアショックアブソーバーはブラック。カスタムしてシルバーに変更すると、「CT110」の雰囲気に近づけることができるます。 あと、さりげなく車載工具入れの下にヘルメットホルダーが備わっています。これもアクセサリーパーツ。税別13,800円。

ノーマルのリアショックアブソーバーはブラック。カスタムしてシルバーに変更すると、「CT110」の雰囲気に近づけることができるます。

あと、さりげなく車載工具入れの下にヘルメットホルダーが備わっています。これもアクセサリーパーツ。税別13,800円。

画像: テールライトに下に備わっている黒いバーは「リアフェンダーガード」(税別8,800円)。よりタフネスな印象となりますね。 ナンバープレートを留めているボルトもオプションパーツ。(ライセンスプレートボルトセット・税別2,100円)。

テールライトに下に備わっている黒いバーは「リアフェンダーガード」(税別8,800円)。よりタフネスな印象となりますね。

ナンバープレートを留めているボルトもオプションパーツ。(ライセンスプレートボルトセット・税別2,100円)。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.