1998年長野五輪、日本中が歓喜に沸いたスキージャンプ団体、悲願の金メダル。この栄光を陰で支えた25人のテストジャンパーたちの知られざる感動秘話が映画化。田中圭演じる主人公のスキージャンパーの西方仁也を支える妻・西方幸枝(ゆきえ)役に土屋太鳳が決定した。

1994年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦で“日の丸飛行隊”のメンバーとして日本代表を牽引するも、エース原田雅彦のジャンプ失敗で金メダルを逃し、長野五輪での雪辱を誓い、代表候補として有力視されながらも落選。テストジャンパーとなって日本代表選手たちを裏方として支えたのが、田中圭演じる西方仁也。

物語は、西方の金メダルへの強い想い、それを打ち砕く挫折、原田との友情、そして怒りと嫉妬、それでも仲間の為に、日本の為に、命の危険を顧みずテストジャンプに挑む、深い人間ドラマを映し出している。また、長野五輪での手に汗握る団体戦の攻防、吹雪による競技中断、そんな中、競技が再開できるかを図るために行われた、西方率いる25人のテストジャンパーたちの決死のテストジャンプを、史実に基づいてダイナミックに描くオリジナルストーリー。

原田選手が金メダル獲得後インタビューで語った「俺じゃないよ。みんななんだ。みんな。」という言葉は、岡部・斉藤・船木ら代表選手だけでなく裏方に徹し日本選手団を支えた親友・西方、そしてテストジャンパーたちに向けられた言葉だったのだ。そんな西方と原田の熱い友情と絆、そして4人の代表選手と25人のテストジャンパーたち、それを支える家族や関係者たちの想いを知った時、誰もが心を打たれる感動のヒューマンドラマだ。

主なキャスト陣

主人公・西方仁也役に「おっさんずラブ」シリーズ、ドラマ「あなたの番です」、『図書館戦争』シリーズなど、人気実力共に今最も旬な俳優・田中圭。西方の揺れ動く内面、葛藤を、圧倒的な存在感と演技力で力強く演じ切る。また、聴覚障害のあるテストジャンパー・高橋竜二役で、今年注目度No.1の若手俳優・山田裕貴が出演。同じくテストジャンパーの一員でケガのトラウマを抱えた南川崇役には眞栄田郷敦が、唯一の女子高生テストジャンパーの小林賀子役に小坂菜緒(日向坂46)、そしてテストジャンパーのコーチ・神崎幸一役に古田新太が扮していている。

監督には、「荒川アンダーザブリッジ」で大きな注目を集め、様々な分野で才能を発揮する映像作家・飯塚健。秀逸なテンポ感の中で、しっかりと人間模様を描く演出力に定評があり、感涙無くしては見られない感動作品を描く。今年1月にクランクイン、実際に長野五輪のスキージャンプが行われた長野県白馬村でも撮影が行われ、2月末に無事クランクアップした。

田中圭と5年ぶりの共演:土屋太鳳コメント

「なぜ、今」「どうして、自分が」というような、実力でも努力でも超えられない壁。その壁に挑んだ実話は素晴らしいがゆえに難しく、気象問題含め大変な撮影を、座長である田中圭さんが引っ張って下さいました。そのチームワークと共に、この貴重な実話がスクリーンを飛び出して、ひとりでも多くのかたへ、届きますように。

土屋太鳳(西方幸枝役)プロフィール
1995年東京都生まれ。
2005年にスーパーヒロイン・オーディション「MISS PHOENIX」の審査員特別賞を受賞。2008年の映画『トウキョウソナタ』で映画デビュー、『果てぬ村のミナ』で映画初主演を果たす。2015年、NHK連続テレビ小説「まれ」で主演、ヒロイン・津村(紺谷)に抜擢され、一躍スターダムに。以後も映画『orange』や田中と共演した『図書館戦争-THE LAST MISSION-』、『青空エール』、『兄に愛されすぎて困ってます』などの話題作に次々と出演。2018年に主演を務めた『8年越しの花嫁 奇跡の実話』では第41回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞した。

ストーリー

1998年長野五輪。日本スキージャンプチーム・通称“日の丸飛行隊”は国民の期待を一身に背負ってラージヒル団体で日本初の金メダルを狙っていた。そこに、エース原田のジャンプを特別の想いで見守る男がいた。元日本代表・西方仁也だ。前回大会・リレハンメル五輪で西方は原田とともに代表選手として出場。西方は日本代表最高飛距離135mを飛び、金メダル目前だったが、原田がジャンプを失敗。銀メダルに甘んじた。

西方は4年後の長野五輪での雪辱を誓い練習に打ち込み、代表候補として有力視されていたが、まさかの落選。悔しさに打ちひしがれる中、テストジャンパーとして長野五輪に参加して欲しいと依頼される。テストジャンパーとは、競技前にジャンプ台に危険がないかを確かめ、競技中に雪が降った際には何度も飛んでジャンプ台の雪を踏み固めるジャンパーのこと。西方は裏方に甘んじる屈辱を感じながらも、様々な思いを抱えて集まっていたテストジャンパーたちと準備に取り掛かる。

そして、五輪本番。団体戦の1本目のジャンプで、またしても原田が失敗。日本は4位に後退してしまう。しかも猛吹雪により競技が中断。このまま競技が終れば、1本目のジャンプの結果のみで順位が決定してしまう。そんな中、審判員たちの判断は、「テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技再開する」というものに。奇しくも、日本の金メダルへの道は、西方率いる25人のテストジャンパーたちへ託されたのだった...!

画像2: 6月19日公開田中圭出演映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』に土屋太鳳が出演

映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』

2020年6月19日(金)全国東宝系公開

【キャスト】
田中圭(西方仁也)、土屋太鳳(西方幸枝)、山田裕貴(高橋竜二)、眞栄田郷敦(南川崇)、
小坂菜緒(日向坂46)、(小林賀子)、濱津隆之(原田雅彦)、古田新太(神崎幸一)

【スタッフ】
監督:飯塚健
脚本:杉原憲明、鈴木謙一
企画プロデュース:平野隆
製作:「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」製作委員会
撮影スケジュール:2020年1月〜2月
撮影場所:長野県ほか関東近郊にてロケ
【配給】東宝
©2020 映画「ヒノマルソウル」製作委員会

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.